自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

利根川の起点を目指すライド

いつもお世話になってる利根川サイクリングロードさん。
今回は群馬県渋川市にある起点を目指すべく(たどり着いたとは言ってない)、silverさんにひたすら牽いてもらいました(笑) いつもありがとうございます。



関宿橋から利根川サイクリングロードに入り、ひたすら北を目指します。
ここから刀水橋(妻沼)まではいつものルートなので省略。
あ、加須サイクリングセンターのお手洗いを初めて利用したんですが、水道からお湯が出て感動しました!今度から寒い時期は積極的に利用させていただきます!

ちなみにサイクリングロードの雪は完全になくなっていました。



初めて刀水橋より先を目指したのですが、正直道の駅はにゅうより先は休憩に立ち寄る場所が全くといっていいほど皆無だったので、それなりに辛い旅となりました。




初めての深谷上陸。
サイクリングロードの両脇にはネギ畑がたくさんあり、道中ずっとネギのにおいがしていました。
さすが深谷ネギ。もう20年近く昔の思い出ですが、埼玉県郷土かるたでも深谷ネギのカードがあった気がします。








伊勢崎を通過。埼玉の看板よりもなんかオシャレです。

伊勢崎といえば、東武伊勢崎線が乗り入れている久喜市民には馴染みの地名ですが、終点なのに意外と近く感じます。





再び埼玉県へ。本庄市。人生で初めて来ました。





坂東大橋。

すごく長いです。ただの橋じゃなくて、橋の中央から左右に伸びてるオシャレなやつ(名前が分からない)がいいですね~!

この辺まで来ると山がもう目の前です。

榛名山まで自走出来るじゃん!とか寝言を言い合ってた気がします。自走出来ても登ってさらに帰る気力などない…。

せっかくなので記念に渡っておきました(笑)





さらに進んで五料橋。

もうそろそろ埼玉も終わりという所ですが、この時点で14時。

ここまで5時間近くかかったことを考えると、そろそろ引き返さなければなりません。

こんなにたくさん走ったのに、この時点でまだ片道90km以下。絶望した。200kmは遠い。



埼玉から抜け出すことができなかったのは残念でしたが、家を出た時間が遅すぎました。あとめっちゃ寒い。日が沈む時間が早い。




まさかの微妙な向かい風と、全く吹かない追い風にガッカリしつつ、帰路につきます。

もうこの時点で帰りに真っ暗になってしまうことは確定しているので、ゆっくりおしゃべりしながら帰りました。






利根大堰のちょっと手前の休憩所から。

だいぶ日が傾き気味で、風が冷たいです。15時半くらい。



だらだらと休憩しつつ走っていたら、いつの間にか辺りは暗くなっていました。

関宿城まで戻って170kmを迎える予定でしたが、思いの外寒くて暗いので、ショートカットしてしまいました。

でも微妙に頑張れば170kmに達しそうだったため、またしても家の近くをうろうろ。

なんとか170km達成出来ました!水曜に自己最長距離を更新したばかりだというのにもう更新です…(笑)



今日は登りはなかったのですが、すごく疲れました…。でもいつもと違う景色も見られて楽しかった~!




*****


走行距離 172.7km


リベンジ定峰峠・後編

前回までのあらすじ。
道の駅のスタンプを集めながら東秩父側から定峰峠を登ろうと思ったら道の駅が定休日でお腹空いたまま挑む羽目になった。




そんなこんなでコーンスープを飲んだ後、定峰峠へ向かいました。
この辺までは一度来たことがあるので道は分かるぞ!ということで平坦なんだか登ってんだかよく分からない緩い道をひたすら走りました。
さすがに大雪降った翌週の平日の寒空の下なので、他の自転車乗りには出会いませんでした。
以前大敗を喫した秩父高原牧場へ向かう道を横目に、ひたすら自転車を漕いでまいります。


今年は一人の時でもなるべく坂で足をつかないようにするぞ~と密かに思っているので、写真すら撮らずに登りました。
貧脚の私でもずっとアウターで登れるほど緩やかな坂道。自転車買い替えたら32Tはないし…と思って乙女ギア封印して登ることも出来ました。
筑波山を初心者向けとか言ったやつ誰だよ真の初心者向けとはこのような峠のことを言うんだよ。とぶつぶつ独り言を言いながら登りました。


なんだか無駄に同じような景色が続いて無駄に長いので、よく考えたらまだ今日の折り返し地点ですらないんだよなあと思い、体力温存のためフロントをインナーに落とした時にやっちまいました。


まさかのチェーン落ち。


今回は一人でも足をつかずに登れるかなって思ってただけにすごく悔しかったです。



大きい溜息をついてチェーンを直し、気を取り直して上を目指します。
で、到着。



よくひとさまのブログで見かける写真と同じの撮れたヤッター!
って峠の茶屋閉まってんじゃねーか!また昼飯食えない!くそ!



ちょっと一休みして近くでご飯を食べられるお店を探した結果、結局HANAに行くことにしました。




秩父市の方へしばらく下っていき、よく見る写真の場所を発見したので記念撮影。




そこからさらに下ってお店に到着。
実におしゃれです。




店内は小ぢんまりとしていましたが、車で来たと思われるお客さんたちで賑わっていました。
お店に入ると「道大丈夫でした?」と声をかけてくれる店主さん。
私、あなたのツイッターを信じてはるばるここまで来たんですよ…!



お腹ぺこぺこだったのでたくさん食べました。



チーズドッグ(パンがよく焼けていてとてもおいしい)




ワッフル(いちごミルフィーユのジェラート付き)
ワッフル焼きたてのさくさくで超おいしかったです。



お会計の時に「寒いのに頑張るね~!気を付けて!」と声をかけていただきました。ありがとうございます。
お店を出てさらに下っていくと、川が完全に凍ってました。





来た道を戻るのも味気ないしな~と冒険心が芽生えてきたので、復路は定峰峠ではなく二本木峠を経由することにしました。ちなみにここで地獄を見ることになります。



地図だけを見て近道じゃん!と思った二本木峠ですが、後から見てみると、3.2kmしかないのに平均勾配10.1%とかいう激坂(私の中では8%以上は激坂です)
しかも、途中で頭おかしいんじゃないかっていう坂が現れます。写真撮っとけばよかった…。多分この43.5%とかいうところだと思うんですけど。




最初こそなんとか登れていましたが、あまりのつらさに普通に足をつきました。
さらにはスピードも出ない中、「あーだめだ足ついちゃおう」と思ったら足が外れなくて立ちごけする始末。家に帰ったら4か所くらいでかい痣が出来てました…。
そして何回足をついたかも分からないので諦めて自転車を押して歩くことに。


そんでね…脚つったよね…。


超笑えるんですけど、自転車乗ってる時じゃなくて歩いて登ってる時につってんのね…。情けない…。





車もほとんど来ないですが、ちょっと広いところで一休み。
景色はきれいなめちゃくちゃ先が長く見える…。てっぺんは見えてるはずなのに…。
そんでつった脚がめちゃくちゃ痛い。
しかもそんなにきつい坂に見えないのに、なぜか全然脚が回らない…超しんどい…。
多分ずっときつい坂を登ってたので、少し緩くなった時に錯覚してしまったんでしょう。8%だってきついのに、そのくらいの坂が緩く見えるからって登れるはずがない…。
ていうかギア軽くして自転車から降りちゃったから、坂きついところで自転車に乗れないんですよ。最初ってちょっと重いくらいじゃないと全然踏み込めないじゃないですか…。



ひーひー言いながらやっと二本木峠のてっぺんに到着です。
多分半分くらい歩いて登ったんじゃないのこれ(笑)



遠くに町が見える…。
あとは東側を下っていきます。凍結と急斜面にびびりながらゆっくりと。
ちなみに東側は9月に登ろうとして半分で断念した道です。


無事に11号にたどり着いた私は予定外のタイムロスをしてしまったので、急ぎ足で帰ることにしました。ちなみにこの時点でちょうど4時でした。
あとはほぼ平坦のため、頑張れば7時くらいには家に着くかなと思っていたんですが、私すっかり忘れていました。


嵐山にある大平山の存在をな…!



そこまでは順調にきていたんですが、今日一日の疲労が蓄積した貧脚には負担が大きかったようです。
むりせずに歩いて登ろうと思った矢先に悲劇です。


また脚攣りました。


しかも今度はすこし姿勢を変えようとしたら立て続けにきました。
あまりの痛みに涙が出ました(笑)
日が沈みかけて薄暗くなる中、歩道に自転車を転がして縁石に腰かけて必死に脹脛を伸ばしまくります。
だって家までまだあと50kmくらいあるから…!!



なんとか動けるようになってきたので、足をひきずりながらてっぺんまでのぼり、なんとか自転車に乗って山を下りました。
ちょっとした衝撃でもまたつりそうな感覚があったので、左足をペダルに固定することもできず、ひたすら右足だけで頑張って漕いで帰りました。



予定は大幅に過ぎてしまいましたが、8時頃に無事に家に到着。
初めての150km超えです(微妙に届かなさそうだったので、無駄に家の近くを走ってなんとか150kmにしました)



トラブルには見舞われるし、脚の痛みは2日後までずっと引きずっていましたが、初めての150kmや初めての自走ヒルクライムに挑戦出来て楽しかったです。
二本木峠には二度と行かない。あそこは車で行く場所だから…!!




******


走行距離 150.8km
獲得標高 1974m


リベンジ定峰峠・前編

約半年前、こんなことがありました。



この日は今思えば鬼のようにツライ見晴らしの丘と同じく鬼のようにツライ二本木峠をクリアしてから定峰峠に挑むというバカとしか言いようがないプランでした。




で、昨日。
水曜日は仕事が休みだったので日付が変わるまで無駄に起きて過ごした後、4時頃に目が覚めて無駄にギンギンだったので「埼玉県民なら登っておくべき定峰峠まで日帰り自走できるのか?」という疑問のもとグーグルマップで自宅からのルートを調べてみるとなんと70km程度。
でも秩父って雪すごいんじゃないの?この前テレビで芦ヶ久保の氷柱とか見たよ?と思い、ツイッターでその辺の路面状況を検索してみました。
そうしたらこのアカウントのツイートがヒットしまして、行けるやん!となったわけです。秩父方面はまともに行ったことがないので、失礼ながらこのお店のことは知りませんでした。でもオシャレそうなのでちょっと行ってみようかな~と。




で、せっかく遠出するなら道の駅スタンプも回収したいなあと思いながら車通りの少なそうなルート(吉見町→嵐山町→小川町→東秩父村)を作って家を出発したのが7時半過ぎ。
距離を考えると本当はもう少し早く出たかったんですが、道の駅スタンプを押せる時間って大体9時からなのでこの時間にしました。まあ見事に通勤の車が多い時間だったんですけどね…。




普段吉見百穴ライドをする時に通る御成橋を渡ると微妙に下って登る箇所があるんですが(荒川の民なら知ってるかもしれません)下りは日が当たるので完全に地面は大丈夫だったにも関わらず、登り坂でこの感じ。
ざくざくしてそうな雪に見えますが、めちゃくちゃつるつるしてます。さすがに自転車を降りて押して上がりました。




県道27号をしばらく進み、9時すぎに道の駅いちごの里よしみへ。
ここは何回も来たことがあるんですが、大体早朝なので今までにここのスタンプを押したことがありませんでした。
道の駅のホームページを見ると、休憩所にスタンプを設置しているとのことだったんですが、なんと9時半オープン。しかし、9時半になっても開かない。9時40分頃にようやく開いたので入れたものの、どこにもスタンプがない。
おかしいなあと思って他の建物も見てみたら、物産館の方にありました。




思わぬロスタイムでしたが、スタンプゲット。ちなみにちょっと押すの失敗しました。悲しい。
予定外に時間を費やしてしまったので、少し先を急ぐことにしました。
いつもは直進する吉見町役場の交差点を左折し、東松山市へ。
この辺はただひたすらまっすぐです。1回丁字路を曲がっただけで嵐山町にたどり着きました。



嵐山は去年職場のバーベキューで初めて行ったんですが、なかなかの田舎ですよね。
ここから小川町に行くのに、思わぬ罠が待ち受けていました。
なんかすごい坂を登らされてるな…と思ったら、どうやら大平山という山だったようです。標高200mにも満たない山なんですが、まさか目的地に着くまでに山を登らされると思ってなかったのでビビりました。
でも登りで足をつくのは悔しいのでぼちぼち頑張りまして。下りきったところで記念に1枚写真を撮っておきました。




大したことない山なんですが、のちにこの山で地獄を味わわされることになるのですが、それは後編で。



ここからひたすら道なりに進むと、道の駅おがわまちにたどり着きます。
以前定峰峠に挑もうとした時に拠点にした道の駅です。
道の駅までは、周囲の景色は山だし車もほとんどないし道は広いし、最高に走りやすくて嬬恋パノラマラインみたいだな~なんて思ったんですが、どことなく漂う埼玉感は否めませんでした(笑)






そして見覚えのある道の駅おがわまちに到着。
右足のビンディングを外すと、チャリンとなんだか金属音が聞こえました。
小銭かなんか落としたかな…と思って地面を見ると見覚えのあるパーツが…。




そうです、クリートのネジです。
どうやら緩んでいたらしく、外れてしまったみたいです。
工具は持ち歩いていなかったので、いずれにしろ締めることは出来なかったんですが、残りの2か所がしっかり固定されててクリートも動かなかったのでとりあえず失くさないようにお財布にしまっておくことにしました。





で、こちらでもスタンプゲット。
休憩中に通りかかったおばちゃんに「この自転車で山に行くの?前にいろは坂に行った時に自転車で登ってる人見たけどすごいわね~」と話しかけられました。
なんか一人旅中ってすっごいおじさんおばさんに話しかけられるんだよね。コミュ障だから萎縮しちゃう。



時間的にはまだ11時前だった気がするのでお昼にするにはまだ早いため、この後の道の駅和紙の里ひがしちちぶでお昼休憩をすることにしました。東秩父の道の駅はお店が何軒かあって、外にあるテラスっぽいところで食事が出来た覚えがあったので。





またしばらく走って12時前くらいに道の駅に到着。スタンプゲット。
観光バスも駐車場に入っていて、結構混み合ってるのかな?と思いきや…




まさかの定休日。
中で何も買うことが出来ないし、外のお食事のお店も全部しまってます。
完全に当てが外れました。もうすぐお昼という時間に、空腹感を抱えて峠に挑まなければならないなんて…。朝ごはんは梅干しご飯1杯じゃなくてがっつり食べてくるべきだった…。仕方がないので自販機でコーンスープを買って飲むことにしました…。



トラブル続きですが後半へ続く。