自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

明日の準備

明日はいよいよ初めての300kmブルべ。
一週間前の予報から、降水確率が40%以上あったので雨装備は整えていこうと思っていたのですが、どうやら朝から着ていくことになりそうです。サドルバッグが軽くなるぞ~!
200kmまではいつもの装備で問題ないんですが、さすがに300kmで悪天候、さらには北はちょっと寒いとなると荷物が増えてしまいます。
というわけで今回はわりとしっかり準備してみました。




レインジャケット

(モンベル) mont-bell トレントフライヤー ジャケット Women's 1128542 EP エッグプラント S
(モンベル) mont-bell トレントフライヤー ジャケット Women's 1128542 EP エッグプラント S
mont-bell
2015-02-19
服&ファッション小物

脇にチャックが付いていて開けられるようになっています。今まで安物レインウェアを使っていて、熱気が逃げなくて汗でびっしょりになってしまっていたので、透湿性に優れたものを選ぶようにしました。後ろもちょっと長くなっています。
赤とか黄色とか目立つ色が欲しかったんですが、選択肢がありませんでした…。まあ反射ベスト着るしね…。




レインパンツ

モンベル スーパーストレッチサイクルレインパンツ



おしりのあたりの生地が二重になっています。
以前ゲリラ豪雨に遭ったとき、パッドが水を吸って肌も常に濡れていたせいで、お尻の擦れが痛すぎてみみず腫れみたいになっちゃったんですよね。なので下半身の防水は必須だな~と思いました。


裾もシューズを穿いたままレインパンツをはけるようになっていて、マジックテープで裾の調節も出来ます。
スーパーストレッチなので、動いても膝のあたりはすごく快適でした。




手袋

ショーワグローブ 【透湿防水】No281テムレス Lサイズ 1双
ショーワグローブ 【透湿防水】No281テムレス Lサイズ 1双
ショーワグローブ(Showaglove)
BISS Basic

最近雨ライドが多くて、グローブが水を吸ってびっしゃり、指はひえひえになることが多かったので、手の防水対策もしないとな~と思った結果がこれです。
ゴム手袋なので防水はもちろん、透湿性も良いようです。グローブの上につけられるように一回り大きいサイズを買いました。防寒のもあるみたいなので、そっちにすればよかったかな~。




シューズカバー

SealSkinz(シールスキンズ) サイクル用完全防水オーバーシューズ KJ151 BLACK\"S\"
SealSkinz(シールスキンズ) サイクル用完全防水オーバーシューズ KJ151 BLACK\"S\"
SealSkinz(シールスキンズ)
スポーツ&アウトドア

去年の冬は足の防寒なしで過ごしていたので今年シューズカバーデビューです。
水はねで足の裏からの防水は出来ないかもですが、雨による靴下びっしょりは回避できると期待してます。あと、足の指先がひえひえになっちゃうのも少しはマシになるかな…。




ライトのバッテリー

キャットアイ(CAT EYE) カートリッジバッテリー BA-3.4 VOLTシリーズ用 5342681
キャットアイ(CAT EYE) カートリッジバッテリー BA-3.4 VOLTシリーズ用 5342681
キャットアイ(CAT EYE)
スポーツ&アウトドア

海外通販でvolt800の2灯目を注文していたんですが、届かなさそうだったので予備バッテリーを2つ用意しました。
明日は8時間くらい暗い中走ることになりそうなので、明るいライトは生命線です…。キャットアイのライトは充電しながら点灯できないみたいなので、本体ももう1つ欲しかったんですが仕方ないです。




サドルバッグ

R250(アールニーゴーマル) サドルバッグ ラージ ブラック R25-K-SADDLEBAG-BK ブラック
R250(アールニーゴーマル) サドルバッグ ラージ ブラック R25-K-SADDLEBAG-BK ブラック
R250(アールニーゴーマル)
スポーツ&アウトドア

リュックは肩が痛くなるので大型のサドルバッグを用意しました。
本当は違うやつが欲しかったんですが、クリアランスの関係でド定番のR250になりました。



雨具やバッテリー類、パンク修理道具の他に長指グローブや輪行袋も念のため持っていきます。とりあえずジップロックに入れて小さくします。




余裕で収まるのすごい!(部屋汚くてすみません)


脚短いからわりとギリギリ感ある…。あんまり中身重たいものは詰め込めません。



ハンドル周りはエクステンションバーにベルとスマホホルダーを付けて、ゴムとクリップでキューシートを固定。バインダーじゃないので悪路でもガタガタうるさいのは防げるんじゃないかな…。この辺に関しては、何回か参加してみて改良してみるのがいいかな~という感じ。一応ナビ付のサイコンの導入は検討してます。




肝心な自転車本体ですが、変速がスムーズにいかないので、自転車屋さんに行ってみてもらいました。
チェーンが伸びているのとワイヤーをもう交換した方が良さそうとのことだったので、とりあえず日帰りで出来るというチェーン交換をお願いしてきました。
ぴかぴかー!変速はもちろんのこと、なんか走りもすごいスムーズになった気がするー!



乗り心地が良い自転車楽しかったので、自転車屋さんまで往復60kmライドの予定が、つい80kmくらい走ってきてしまいました。明日腐るほど自転車乗るのに…。



吉見のコカ・コーラ工場の近くにとても広大なコスモス畑があり、まだすごく綺麗に咲いていました。
たまたま道に迷ってたどり着いただけなんですが、とても良い景色なのでぜひ行ってみてください。



帰りは久しぶりにヘルシーロードを通って鴻巣から菖蒲まで。稲穂が綺麗です。


景色が良かったので、車通りもほとんどないし、道の隅っこでいがまんじゅう。


米を見ながら米食うのうまい!疲れた体にこの甘みと塩気が最高すぎる!このお店のいがまんじゅう本当にすき。道の駅はにゅうでいがまんじゅうを食べて「うわなんだこれ!米とまんじゅう一緒とかありえねえ!」って思う人は結構いると思うんですが、鴻巣にある田嶋製菓という和菓子屋さんのいがまんじゅうは絶妙な塩気でとてもおいしいので、ぜひ食べてみてください。




明日は朝から雨なので正直DNFも視野に入ってますが、できるところまで頑張ってみたいです。明日に備えて寝よう!


*****








足尾300下見ライド

来週は人生2回目となるブルべ。
前回の筑波紫陽花200は知っているわりと知ってる道を走ったんですが、今回はほとんど知らない道なので、峠の難易度やら路面状況を確認しにふらっと走ってきました。


前回のブルべ。



ちょうど通過地点に道の駅さかいがあるので、そこをスタート地点とすることにしました。わりと家から近いのに車載で行くのも何なので(ガソリン代上がってきたし…)自走で道の駅さかいへ。到着したのは4時57分でした。




ここからひたすらR354で古河方面へ向かいます。
まだ夜明け前の早朝ということで交通量はかなり少なく走りやすかったのですが、PC1のセブンイレブン古河下辺見店まではわりと車道左端がガタガタで荒れているところが多かったです。
当日は7時スタートで40~50km地点くらいにあたるので、通過するのは9時すぎかなという見込み。車が多いと大分ストレスがたまりそうな道だなあと思いました。



5時27分 PC1セブンイレブン古河下辺見店
道の駅さかいから約11kmです。車が少ないこともあり、30分くらいで到着出来ましたが当日は果たして…。
ちなみにめちゃくちゃ寒かったです。マックスコーヒーで体と手を温めて(指切りグローブしてました)再出発。


とりあえず簡易ブルべ装備として、ハンドルにライト2灯と、エクステンションバーにルートラボを入れたスマホ、キューシートをバインダーに挟んでとりあえずゴムで固定。スマホは月初めに機種変しようと思って買ったんですが、SIMカードのサイズが合わなくて手続きしないままオフラインで使ってます。GPSはオフラインでも使えるのでありがたいです。




夜明けも大分遅くなってきましたが、5時半も過ぎるとようやく空が明るくなってきます。キューシート見やすい!
ちなみに柳生駅近くは一面田んぼで見晴らしがよく、遠くに富士山や筑波山がくっきり見えました。この日すごく天気よかったしね。




渡良瀬遊水地のあたりは一面霧ですごいことになっていました。まっしろで前が見えない…。
新三国橋の手前に電光温度板がありましたが、気温6℃となっていました。そりゃあ指切りグローブで指がかじかむはずだよ…。そのうち温かくなるだろうと思って、冬グローブに付け替えたりとかはしなかったけど…。
ちなみに新三国橋の路肩には大きい木片が散らばっていたので、週末まで残っているか分かりませんが要注意かなという感じです。




栃木K11は二車線で車通りも多くてちょっと怖かったです。まだ7時前だったと思うんだけど…。当日は順調に行けば11時とかそのくらいにこの道を通ることになるのかな。
そういえば初めて自走で日光に行った時にもこの道を通ったかもしれない。
あとこの道を走ってるあたりから、なんかすごい気持ち悪くて、時々ヤバイ感じの波が襲ってきました。新鮮な栃木の空気(この辺は排気ガスだけど)を深呼吸で吸い込みながらこみあげてくるものを飲み込んだりとかしてた。


粟野街道入口の交差点を左折すると、大分車の量は落ち着きます。それも朝早かったせいなだけかもしれないけど…来週は混んでるかもしれないけど…。
そしてこの辺りからじわじわと上り基調になっていきます。山が近い証拠だ…!




7時56分 PC2ファミリーマート鹿沼粟野町店。
PC1からは約50km、2時間半くらいで到着。大体20km/hペースなのでまあまあ順調。
K11は信号もまあまああるけど、横を車が通るので結構スピードに乗ってくれる気がします。25km/hで走れない貧脚の私が言うんだから間違いない。




ここで朝食を気持ち悪くて食べられないのでお茶で流し込みながら食べつつ、内臓を圧迫してくれちゃうものを出しつつ(汚くてすみません)
PC2の出発時間を確認しなかったのがこの下見でのわりと痛いミスなんですが、結構ゆっくりしていた気がします。でもおそらく8時半くらいには出発したかな?



PC2を出ると、約33km先の粕尾峠に向かってじわじわと上っていきます。といっても最初の10kmくらいは1~3%くらい。とはいえ、0.5%以上の坂には敏感に反応してくれる脚が20km/hを切ってくれました。わかる、わかるよ~。坂嫌いだもんね~。勝手に速度落ちるよね~。
目の前に見える山々が、「これからどう足掻いても山をのぼらせるぞ」と訴えてきているような気がします。やめてくれ~。




K15はとてものどかで、道のすぐ横を流れている川(思川?)の水はかなり透き通っていてきれいでした。この日はマス釣り大会?が催されているようで、もう少し進んだところではゼッケンを付けた釣り人がたくさんいました。
途中、釣具屋さんのおじいちゃんがめっちゃ笑顔で「頑張ってね~」と手を振ってくれて癒されました。可愛いおじいちゃんだったので、今週末も会えるのを期待していよう。


綺麗な場所ですごく気に入ったんですが、爆音でかなりのスピードを出して集団で走るバイク集団には辟易しました。交通量が少ないから暴走族紛いなことがしやすいのかと思いますが、この辺りは意外と住宅もあるし、あれだけスピードを出したら危ないでしょ。いい人も多いとはいえ、基本的にはバイクほんと嫌い。




だんだん斜度も上がってきて、スピードがみるみる落ちていきます。ただでさえ遅いのにこれよ。でも道の雰囲気はいい感じ。片側一車線になっているので走りやすいです。でもバイクは許さん。




かの有名なバソガロロ山ノ神入。
せっかく来たからには写真を撮りたかったんですが、僅差で上から下ってきた人が先に看板の前に到着し、写真撮影開始。しばらく待ってたんですが、連写モードに入っていて、まったくどいてくれる気配がなかったので遠くから写真だけ撮りました。後からトリミングで写り込んじゃったオーナーさんはカットしたけど、自転車は他人様のが写ってます。
まあどうせまた来るし、その時に撮ればいいかなあ。




バソガロロを過ぎた後はちょっときつめの坂を登って幅員減少、中央線がなくなって峠道に入ります。
このカーブ1という看板を見て、前回の鹿沼ライドの恐怖が蘇りますが、正直粕尾峠はわりと楽な感じでした。というかそれまでがきつかったから相対的に楽に感じる感じ。難易度的には路面の汚い碓氷峠という印象。不動峠の下位互換みたいな。



以前のトラウマ鹿沼ライド。



静かですごく良いです。走りやすい。カーブ30を過ぎたあたりから全体的に少し坂がきつくなるかな?という感じだったけど、まあ古峰ヶ原に比べたら優しいのなんのって。




まもなく粕尾峠制覇。
気温はこの辺も10℃くらいなはずだけど、めっちゃ汗だく。長袖インナー+半袖ジャージでしたが、インナー袖まくりして半袖でのぼってました。めちゃ暑い。




足尾!どーん!これからしばらく下り坂。




ダウンヒルなので上着を着ようか、長指グローブにしようか、いろいろ迷って暑かったのでそのままダウンヒル。
相変わらず122号方面の道はガタガタの悪路。スピードも下りなのに20km/h以下。これはまあ予想通り。道はガタガタだし(そのせいでキューシートくっつけてるバインダーがガタガタうるさいし)、カーブミラーは仕事をしないし、時々車がのぼってくるし、さっさと通り抜けたいのに時間がかかります。
あと寒さで指がかじかんでブレーキかけにくくなったので一旦止まって冬グローブ装備。そしてまたダウンヒル。
で、今度は体が冷えてきてウィンドブレーカー装備。そしてまたダウンヒル。
これで結構時間を無駄にしたので、本番ではちゃんと粕尾峠登り切ったら下山準備を整えてからダウンヒルしよう。


この辺りから大分路面が綺麗になります。道幅も広くなってくるので、登りで失った分を取り戻すにはこの辺からかな。




鹿沼ライドで七香さんと写真を撮ったポイントで今度はぼっち撮影。




いやーほんとここいい景色で好きですわ。紅葉全然してないけどな!




日光へ行きたい気持ちを抑えてR122桐生方面へ。日光納めは先週したしね…!
11時18分にこの場所でツイッターでつぶやいてました。8時半頃にPC2を出発したとして、ここまで42kmで3時間。ものすごく時間がかかってる…。ダウンヒルの準備を整えて、途中写真撮りまくったりしないでここまで来たとしても、10分縮められたらいいくらいでは…?
ちなみにこの先少し行ったところに2つトンネルがあるので、ここで尾灯も付けた状態で先へ進みます。




さすがになんかめちゃくちゃお腹がすいてきたので、道の駅富弘美術館でどら焼き休憩。ファミマで買っておきました。
林間学校生が草木湖をバックに記念撮影するのを見ながら補給。ちょっとゆっくりしすぎましたが。
カメラマン曰く、「普段はこんなに水がないんだけど台風で水が増えて、こんなに水量があるのは珍しい」とのこと。そうなんですか?教えて群馬県民!
水量はともかくとして、水がエメラルドグリーンですごく綺麗でした。白根山の湯釜みたいな感じ。



ここからしばらく進み、12時40分にPC3ファミリーマート日野屋黒保根店。
お昼ごはんに米をいただきます。やっぱり自転車に乗っているときは米を食べなければ力が出ない…。
PC2からは約70kmで4時間半くらい。R122はちょっとアップダウンがありますが、基本的には下り基調なので、ここからなんとか挽回していくしかなさそう。そしてここでものんびりおにぎりを食べて休憩してしまいました。
13時頃にPC3を出発。ちなみにここは道路の右側にあり、信号などもないので車が途切れた時に入らないといけないんですが、当日は夕方にここに来ることになりそうなので、日光帰りの群馬県民の車でなかなか横断できないなんてことがなければいいなあと思ってます。




ここから桐生駅の前を通り(キューシート35の備考にある目印の店が違う店に変わってたのでこの辺で一回道に迷いました)、再びだんだん山の方へ向かっていきます。
群馬K66地味にきつい…インナーローでちんたらちんたらのぼります。
途中、地元ローディーの集団がパンクか何かで2組止まっていました。パンクが多い道だとしたら気を付けないといけないな…。


桐生川ダムの横を通り、14時20分フォトコントロールへ。
雪の屋または梅田大橋をバックに自転車を入れて写真を撮って!とのこと。当日暗い中でどこにあるの~~~と探すのは嫌だったので、明るいうちに場所を確認できてよかったです。




梅田大橋の上からダム方面を見渡すと、すごく景色がきれいでした。



ここからは老越路峠(おいのこうじとうげ)
正直読めねーよという名前の峠ですが、ここから再び栃木県へ突入します。
この峠自体は5kmほどなんですが、ここまで100km以上走って疲れた私の脚でも15km/hくらい出せる程度に緩い坂です。ただの坂道です。
と思ってたら、最後の数百メートルくらいは10%くらいありました。前言撤回。




ただし、日当たりが悪いため、前日または当日に雨が降ったらかなりやばそうです。
そして下りの路面が粕尾峠下り並みの悪路。ガタガタだしまたスピードの出せない下り坂。車の量が少ないのだけが救いです。




ガタガタゾーンが終わって道幅が広くなると、路面はきれいになりました。ただし街灯がほとんどない。これすごく大事なことなんですけど。街灯がほとんどない。
そう、街灯がほとんどなくて悪路を下るのは危険なので、なんとしても日没前には老越路峠まで来たいんですよ。あとで時間を逆算しますけど、結構きつい気がします。


15時44分 PC4セブンイレブン佐野栃本店。
PC3から約50km、2時間半ちょいかかりました。ダム付近でゆっくりしたり、PC付近でミスコースしたりしたからっていうのもありますけど、下り基調も込みでこのタイム。なんとか2時間~2時間半で到達したいところ。
そういえばなんかネコがめっちゃこっち見てました。




ここからはK11よりは走りやすいK9を通って渡良瀬遊水地の方へ向かいます。
そして、渡良瀬遊水地のあたりから往路と同じ道を通って道の駅さかいを目指します。
東武日光線の線路を渡るころには夕日が沈み始めていました。ちなみにこの踏切で5分くらい足止め食らいました。




復路のR354は17時すぎという時間もあってか、交通量が多かったです。二車線の道路も渋滞していて、すり抜けられるとはいえかなり時間がかかります。
踏切を渡るための一時停止渋滞も酷く、道幅も狭いため、前にトラックがいるとすり抜けもできません。タイムロスポイント。さすがに当日は通過が夜になるのでそんなに混んでないと思いますが…。


古河市に入ってガソリンスタンドのあるY字路でミスコースし(ここキューシートに書いといてくれよ!)3kmくらい余分に走ったあとコースに復帰。
ここからは朝に味わった悪路&真っ暗な国道です。volt800もハイモードじゃないとちょっときつい。当日は6時間以上夜走ると思うのでバッテリーが心配。volt800の2灯目も注文したんだけど、当日までに届くかかなり怪しいです。予備バッテリーは1つ買ったけど、給電しながら点灯できないみたいだし、バッテリーだけで充電できないみたいだし。


そんなこんなで18時ちょいすぎに道の駅さかいに戻ってきました。
さかい~さかいは220kmほど。余分に数km走ったとはいえ、5時出発で18時10分くらいに到着したので13時間ちょいといったところ。まあ悪くはないペースだけど、パンクとかしたらかなりピンチなタイムでは…?
ちなみにさかいから家に帰ろうとしたら、宗教の勧誘の人につかまってタイムロスしました。ゆるさぬ…。




今回のライドと同じくらいのコンディションで当日走れると考えて、明るいうちに老越路峠を抜けるとすると、18時くらいにはPC4に着けるのが望ましい。
ただし、今回はPC1~PC4間が12時間なので、どう考えてもそれは難しい気がする(PC4のcloseが21時36分なんだけど)


目標はPC1に9時半、PC2に11時、PC3に17時(出来れば日没前)
日没後はペースも落ちると思うので、PC4に20時半、PC5(道の駅さかいから2km弱)に23時、ゴールに25時。
制限時間は27時までなので、日没までに大きくペースを崩さなけば、なんとかゴールできるのではないかと信じてる…。当日は今のところ雨50%なんだけどね…。天気がんばれ…。





*****



2018年日光納めグルメポタ・その2

その1の続き。



日光湯元はもうすっかりいい感じに紅葉していました。



湯元温泉側からの湯ノ湖もすごく綺麗です。湖の色がエメラルドグリーン!紅葉もすごく良い感じです。スマホカメラじゃその素晴らしさの1/4も伝わらない…。一眼は重いから基本的にお留守番です。




湯元に来たらとりあえずここに来ちゃう!紅葉きれい!ちょうどこの上は金精道路が走っています。この日は金精峠のぼらなかったけど、きっと紅葉がたまらんくらい綺麗だったんだろうな~!




湯気もくもく。気温10℃くらいで結構寒かったので、ちょっとあったまる。




そしてそして!念願のあんよの湯!今までは冬季閉鎖だったり満員だったりでちょっと入りにくかったんですが、運よく少し空いていたので突入!




基本的には無料だったんですが、チップの箱もあり、いつも日光にはお世話になっているし、毎回楽しい時間を提供してくれるので、感謝の気持ちを込めてチップ投入~!
そして念願のあんよの湯へ!


……あっちい~~~!!


ちょいちょい足先だけ入れて慣らしてから入りました。すごいあったまる~~~!寒い中自転車に乗ってると足先の冷えが半端ないから超気持ちいい~!なんかもう全身つかりたい~!ちょっと手の指先だけあっためたりしました。
これ目当てに行ったのでタオル持参したんですが、この近くで販売もしてるみたいなので、もし忘れても大丈夫ですよ!日光湯元に来た時にはあんよの湯をぜひ!




近くには温泉神社もあります。登りにくいシューズなので行かなかったけど、ここも有名なスポットのようです。ひっそりしすぎてて、名前は知ってたけど場所をちゃんと把握したのは3回目くらいの時なんだけど…。




すっかり温まったところで引き返します。
とりあえず三本松園地でお昼休憩しよう!ということで寄りました。
運よく記念撮影キッズがいなかったので、とりあえず他の観光客の迷惑にならないように急いで撮影。自転車倒れてる~!雑すぎ~!




中でゆっくり温かいうどんとかおしるこを食べたかったんですが、混雑していて30分以上待つっぽかったので、外の売店ですいとんと餃子コロッケを買いました。
山を眺めながら食べるめしはうまい!




ちなみに中の売店に(日光まったく関係ないけど)猫のしっぽをカップのふちに引っ掛けられるクッキーが売ってました。かわいい。
なんというか動物グッズに関しては猫ってやたら優遇されてる気がします。犬グッズもっと出して。




本当は往路で寄りたかった小田代ヶ原&千手ヶ浜に帰りに寄ることにしました。車が多すぎて横断するのめちゃくちゃ大変でした…。
午前中は入口がよくわからず通り過ぎてしまい、ツイッターで「入口分からない!」と騒いでいたところ、フォロワーさんに入って大丈夫ですよ~と教えていただきました。本当にありがとうございます。
確かにこの門の右側には通れるような微妙な通路がありました。




平坦のようで地味にじわじわのぼるタイプの道です。歩行者もちらほらと見かけました。
この辺りはわりと落ち葉も多かったり。でもすごくきれいで走りやすい道でした。




綺麗だな~~~、癒されるな~~~。



きょろきょろしながらのんびりサイクリングを楽しんでいると、正面からバスが来ました。
これ時々120号で見かけるなあと思ってたけど、これが低公害バスだったんですね。普通に観光バスだと思ってました。
道幅も狭いので、端に寄って自転車から降りて、バスが通り過ぎるのを待ちます。


それからまたしばらくすると小田代原の看板。


あーこれこれ!社会科の教科書で見たことあるやつー!戦場ヶ原とセットで覚えさせられるやつー!(だった気がする)



ピントが完全に後ろの草になってますが、めちゃくちゃ人喰いそうな植物もいました。怖すぎて指差し出せねえ~!




二か所くらい遊歩道に出られるゲートが設置されていました。
ベンチやテーブルもあり、そこで景色を眺めながらおにぎりを食べているおばちゃんたちもいました。こんなところでご飯食べたら何食べてもおいしいに決まってるだろ~!




二つ目のゲートを通り過ぎると今までより少し斜度が上がります。でもすぐに下り坂。
ここがちょうど入口と千手ヶ浜の中間くらいに位置する弓張峠というみたいですね。5km弱くらいかな?特に峠だぞ~って感じの看板などはなかったですが…。


中間地点を越えた後は、3~5%くらいの下り坂。時々道が荒れているような箇所もありますが、基本的にはとてもきれいで、車も歩行者も大分減るのですごく走りやすいです。「自転車スピード出しすぎ注意」の看板立てられてましたけど(笑)




千手ヶ浜に到着。曇りなのが本当に残念ですが、とても気持ちの良い場所でした。
写真を撮っていたら、そばでサンドイッチをむさぼっていたおじさんに話しかけられました。「この前の金曜にも来たんだけどその時も曇ってて…」と。栃木民なのか分かりませんが、すごい頻度とか狭い間隔で来る人多くないですか?プロ日光民かよ…うらやましい。




位置的には湯元よりは中禅寺湖の方が近いと思うんですが、綺麗に色づいていました。どんよりした雲が恨めしい~!今度は青空の綺麗な時に来てやるぞ~!




帰りは地味に行きよりもきつめの4km坂。とはいえ、がっつりヒルクライムという感じではありません。写真を撮りつつ足を止めながら、のんびり登っていきます。
初めての道でしたが、すごく走りやすくて気持ちよかったです。でも帰りに一般車両進入禁止を無視して軽自動車が一台入っていってるのを見かけました…。これ多分バスと鉢合わせる気がするんだけど大丈夫だったのかな…ていうかそもそも看板無視して入るなよ…。




再び120号へ戻り、後は駅に向かって戻るだけ。時間的には早いので、新鹿沼駅あたりまで自転車で行ってもいいなあと思っていたんですが、結構交通量も多くて危なさそうだったので東武日光で電車に乗ることにしました。杉並木の通りとかって結構道狭いしね…。


今年の夏はいつも川俣温泉の方から大笹牧場を回っていたので、第一いろは坂はかなり久しぶり。




第二いろは坂よりもしっかり色付いてるような気がしなくもない。



第一いろは坂はカーブ具合が本当にたまらないですよね。この場所はいつも立ち止まって写真を撮りたくなってしまいます。




下り始めた時はそれほど車も多くないかな?という感じだったんですが、下に来るに連れてだんだん詰まってきます。
車のゆっくり速度に合わせて安全にダウンヒル。ゆっくり下ると握力もさることながら、ブレーキを握りっぱなしにしてしまうので、すごい怖いです。時々やばい音がしてました。イベントの集団下山とかもそうなんですが、自分のペースで下れずに、過度にゆっくりだとすごい怖い。


二つの滝が見えるところで寄り道。
すると上から次から次へと車が下りてきて、なかなか本線に戻れなくなってしまいました(笑)




帰りの清滝ICを過ぎたあたりから車の渋滞がひどく、その横を自転車で颯爽とすり抜けます。わははー!渋滞すり抜けは気分が良いー!


ちょっと小腹が空いたので、いつものぼる時に店外にサイクルラックがあって気になっていた日光カステラ本舗に寄り道することにしました。食ってばっかりだけど今日はそういう日だから良いのだ!
家へのお土産にチーズケーキと、今食べる用のどら焼きを購入。




店内店外にイートインスペースがあり、購入者はコーヒーのサービス付きだったため、どら焼きと一緒にコーヒーもいただきました。でもどら焼きにはコーヒーじゃなくてお茶か牛乳がよかったな…。
どら焼きの甘さが疲れた体に染み渡り、とても美味しかったです。ちなみにチーズケーキはレアチーズっぽい感じで、濃厚で美味しかったです。




お店から出て出発するころに、大分前に抜いてきた車が追い付いてきてました。めちゃくちゃ渋滞してる。まだ微妙に見頃前の平日なのにこの混雑なんだから、週末なんて本当地獄絵図だよね…(自転車はまる前の秋に日光一人旅したことあるんですが、バスじゃなくて歩いて駅まで行った覚えがあります…)



駅に着いて輪行準備し終わったら、ちょうど4分前に乗り換えなしで帰れる電車が行ってしまったようだったので、だらだら1時間弱のんびりしました。もし行っちゃった電車に乗れたとしても、輪行客2人は確認済みだったので場所争奪戦になるしまあいいか。という感じ。
帰りの電車も旅行者や外国人観光客が多かったですが、自転車は私と、隣の車両に一人乗ってるだけみたいでした。こういう観光地だと、暗くなってからの方が輪行スペース確保しやすい印象。みんな夕飯に合わせて帰るだろうし。



そんなこんなで今年最後の日光ライドはのんびりまったりおいしいものを食べつつ景色を楽しむライドでした。すごく良い一日になりました!
また来年の5月以降にたくさん日光を満喫したいと思います!ありがとう日光~!




*****