自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

梅ノ木峠への挑戦1

ルナちゃんとのお出かけ2回目。
今週末は筑波山に行く予定がもうあるので、同じ場所に2回行くのも…というわけで今日は車載で都内まで行ってきました。




毎週末サイクリングロードか筑波山を走っているわけですが、これもう2か月切ったんですよ。


平均5%という数字に飛びついてエントリーしてしまいましたが、その実態は、前半5kmは3%程度ですが、後半3kmは10%以上の激坂が延々と続き、最大17%程度にもなるとのこと。
平均9%で全く登れず自転車を押して登った上に脚を攣るという悲劇に見舞われた二本木峠の悪夢が思い出されます…。
しかしどうやらコース後半の梅ノ木峠は二本木峠以上の様子…。このままではレース中に足をつくという恥ずかしすぎる展開が容易に想像できます…。
これはいかん!と思うものの、情報収集をすればするほど、先達のキツイだとか足ついただのというブログがわんさか出てきます…。
本当に大丈夫なのか…と心配なので、とりあえず試走してみることにしました。



車載で下道3時間!(朝の通勤ラッシュに巻き込まれた)
もうすでに疲労困憊ですが、小峰公園のパーキングをお借りして、いざ~~~!




まだコースのスタート地点ですらないのに、しょっぱなからキメてくる。
しかもこの道のそこかしこから、頭のおかしい坂がたくさん生えている…。車使えない人どうしてんだよ…。



このうねった道を左折し、武蔵五日市駅の前を通過。
微妙なアップダウンにいじめられながらも先を進みます。
この辺はまだ交通量があるんですが、つるつる温泉入口の交差点を左折したところで車がだいぶ少なくなります。




川沿いをずっと走り、1~3%くらいの平坦が続きます。
のどかだなあ~。




ここが東京ヒルクライムHINODEステージのスタート地点となる岩井橋。
まずは何回足をつくかとか、1時間以内に登り切れるのかとかそんな目標ですが、一応ここで時間を確認します。




2につづく。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。