自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

病み上がり筑波山ライド

家でちょっとゴタゴタしてたり風邪ひいてたりですごく久しぶりの自転車でした。
今月前半で900km走れてたので、余裕で1200km行けるな~と思ってたんですが、10日ぶりの自転車でようやく1000kmこえたくらいです。



大分日が短くなってきたのと冷え込みが厳しくなってきたので、さすがに北方面へのロングライドは諦めモードです。



この日はお昼には家に帰らなければなかなかったので、朝5時すぎに家を出る予定だったんですが、どうにも夜眠れなかったので2時からいそいそと準備して、4時過ぎには出発しました。筑波山行く時に出る時間じゃない…。


さすがに寒いだろうと思って、インナーに長袖ウェア、その上に防風ジャージ、さらに薄手のウィンドブレーカーという完全防備で出発。
道の駅さかいまで10kmちょい走ったところで暑くなってたのでさすがにウィンドブレーカーを脱ぎました。この時だいたい5時で気温8度(サイコン調べ)



そこから新しく通るようになった道経由で筑波山を目指しましたが、朝6時頃がとにかく寒い。手の指と足の指の感覚がなくて、耳ももげそうなくらいさむい。サイコンは気温2度を指していました。
さすがに寒すぎるので寄る予定のなかったコンビニでちょっと休憩。商品を選ぶふりをして店内をうろうろして、足の指を少しずつあっためます。
再びウィンドブレーカーを装備して出発。




つくし湖のあたりから朝日が見たいなあなんて思ってましたが、コンビニ休憩が長すぎて、普通に夜が明けました。
紅葉なのか朝日を浴びているせいか分かりませんが、真っ赤な筑波山がとても綺麗な朝でした。




前日のニュースで茨城県に霜注意報ってやってたんですが(霜って注意報出すほどのものなのかな?って思ったけど…今まで見たことないし…)、本当に霜がおりてました。写真だとちょっと分かりづらいんですが、結構まっしろなかんじ。




工業団地のイチョウはとてもきれいに黄色くなっていました。




もうちょっとで到着なんですが、とにかく寒い。全然体が温まらない。ここまで50kmくらい走ってきたはずなのにこんなに温まらないのはおかしい…。




と思ってサイコンを見てみると、いつものやつは0℃でカンストしてるし、レザインは-6℃とか意味わからないことを言っている…。
さすがに-6℃は嘘すぎるでしょって思ったけど(レザインちゃんおばかだし)いつも使ってるサイコンは気温がやたら高く出ることはあっても低すぎることはないので、今朝は本当に寒いんだなあと思いました。




大池は池全体がもやに覆われていて幻想的な感じだったんですが、写真を撮るとこの通り。もや70%くらいカットされてる。左の方はなんとなくモヤァ…って感じがかろうじて分かるかも。




朝7時半前の静かな不動峠を32Tだけでかなりゆっくり登っていきます。
久しぶりだし、咳で呼吸が苦しいのもあったので無駄な負荷はかけません。もともと一人でのんびり走ってるときは心拍160いかないように心がけてるけど…疲れるし…。
誰もいなくて静かで貸し切り超気持ちいいな~体もあったまってきたな~と思ってたんですが、最後の10%標識のところで後ろからお兄さんに「おはようございます!」って声かけられて超びびりました。
そんで超久しぶりにここで写真を撮る。ここのところ筑波山来てもずっとスルーしてそのまま先に進んでたので…。
ちなみにこの無駄にでかいサドルバッグの中身はずっと空のままここまで来ました。




この後、表筑波スカイラインと合流するところで2人見かけたり、風返し峠からつつじが丘まで登る間に1人下ってきたりと、朝早いにも関わらず意外と自転車を見かけました。
つつじが丘には8時すぎくらいに到着しました。朝早いですが、意外と駐車場に車が停まっていて、ベンチなどは登山客が座っていてあいていませんでした。
後から知ったんですが、この日7時半過ぎくらいにテレビでつつじが丘駐車場からの中継をやっていたらしいですね。




だらだらと休憩した後は下り。
この日初めて知ったんですが、筑波山からは霞ケ浦が見えるんですね。太陽の光がきらきら光っていたから何かと思ったけど、方角的にも大きさ的にも多分霞ケ浦だなあって。今まで早朝に来ることはなかったから気付かなかったなあ。




空気が澄んできて天気も良かったので、富士見橋から富士山も見えました。
筑波山に初めて来たのが去年の年末で、それこそ夏ごろまでは登るのに精一杯でそこまで景色を見ながら山を登る余裕なんてなかったし、時期的にも富士山が見えるような空気じゃなかったというか…。




一段下からも良い感じで見えました。写真だとうっすらで分かりにくすぎるんだけど。




9時に沼田屋が開店なので、それに合わせて9時ちょいすぎに到着するように下山。
出来立てのかりんとう饅頭をがっつり15個お買い上げ。
からっぽの大型サドルバッグはかりんとう饅頭を入れるためにつけてきたのでした。自分用だったらサコッシュにバラして入れてもいいんだけど、今回はよそ様へのお土産だったので大事に持って帰りました。




帰りはひたすら向かい風な感じでかなりつらかったです。
寒さと向かい風のつらさで、12月はほとんど150km以下のライドになりそうな気がします。





*****



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。