自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

自転車乗りの聖地ヤビツ峠に挑む・1

幸手権現堂にお花見ライドした日と同日です。
週末にふと「ヤビツ峠行ってみたい」と思い立ったので、世間がお仕事で自転車乗りが少ないであろう平日に行ってきました。これが平日休みの利点だ!


久喜インターから東北道に乗り、白岡菖蒲ジャンクションで圏央道へ。そこから約1時間かけて圏央厚木インターで高速道路を降りました。
一行で済ませてますが、約6年前の高速教習以来の高速道路(しかも一人!)だったので、行きの運転は血の気が引いて体の芯までひえっひえでした。
圏央厚木インターからは一般道で約1時間。秦野交通公園の駐車場を今回の拠点としました。



10時半頃に出発したのですが、まずヤビツ峠の入口の名古木セブンまでが意外と登らなきゃいけなくて大変でした。これからいっぱい登らなきゃいけないのに大丈夫なのか…でもまだ走り始めなので元気。



セブンで休憩して再出発しようか迷ったのですが、まだ3km程度しか走ってないので、名古木セブンの交差点の信号が青になると同時に登り始めました。
しょっぱなから普通にそこそこの斜度があってきつい。これで12kmくらい登り続けられるのか…。一応今回の目標は、足をつかずに登り切ることです。
いきなり不安になりましたが、私のルナちゃんには無敵の乙女ギアがついているのでインナーローでえっちらおっちら。後ろから3人組がきて、あっさり抜かされます。
でも経験上、他人のペースに合わせて坂を登ると脚がもたないので、抜かれても気にしない気にしない。



有名な(?)鳥居のところです。
(時間の都合上、峠のてっぺんまでの写真は夕方に車で撮りに行ったものなので夕暮れテイストでお届けします)




こんな住宅街に人が住んでる(しかも学校がある)とか正気かよ…と思いながら登ります。
毎度のことながら写真で見ると大したことないけど当然のように10%超え。
ろんぐらいだぁす!の紗希さんが「蓑毛のあたりはちょっとつらいけど」的なことを言ってたところですな。ええ、つらかったです。




ここを登り終えると、「さあ、足をついて休みたまえ!」と言わんばかりの開けた場所。
蓑毛のバス停(バスの折り返し地点)とトイレ、自販機まであります。
早速足をつきたいのを我慢しながら登ります。まだ先は長い…。


この先少し緩やかになったあと、滑り止めつきのややきつい短めの坂を登ると、ほぼ平坦のような区間になります。
ただ、平坦に見えるだけで平坦ではありません。3~5%くらい?
ここまで多分3kmくらい?激坂を登ってきたので目が錯覚してるし、脚は嘘をつかないのでダラダラ続く微妙な坂がじわじわ脚を削っていきます。



緩いはずなのに6km/h程度しか出ないので、無駄に時間をかけながら、またまた少し開けた場所へ。
駐車場や展望台もあります。菜の花台というらしいです。



展望台からの見晴らし最高~!
(でも日が暮れそう~!)




休憩してくれ足をつけと言わんばかりの寄り道スポットでしたが、今回の目的は足つきなしのヤビツ制覇。
帰りに寄ろう…と横目でチラッと見ながら通り過ぎます…。
同じくろんぐらいだぁす!でここまでくればあと少しって言われてたポイントですが、ここから長かったです。いや、スピードが出ないから長く感じただけなんだけど…。




そんなこんなで登頂。お決まりの場所でお決まりの写真撮影。



なんとか足をつかずに登ることが出来ました。
タイムは64分…初心者が60分くらいらしいので、まあ妥当といえば妥当かしら…。回しても進まない乙女ギアだからこのタイムは上出来では!80分くらいかかる予定だったので!
平日にも関わらず、先客が3人いました。ここで休憩中にもまた4人ほど登ってきたり。さすが聖地。




お昼はオギノパンで頂き、再び登り返してくる予定だったので、宮ケ瀬方面へ下っていきます。


反対側はまだ雪が解けておらず、この暖かさで溶けだしたのか、路面がびしゃびしゃでした。自転車汚れる…。




下っている途中で湧き水を汲めるスポットが。
ボトルはいっぱいだったので汲みませんでしたが、駐車場もあり、地元のおじさんと思われる方たちが空のボトルを大量に積んで補給していました。





斜度がきつくない整った道のダウンヒルは最高に気持ちいい。





確か12時すぎくらいだったと思いますが、こんな山の中なのに気温19度。普通に暑い。




トンネルなんかもありました。
なんかア○ランみたいなキャラクターの似顔絵のラクガキが描いてありました。懐かしい。




水が流れてます。この水が宮ケ瀬に行くのだなあ~。
暑い中なので水の音が涼やかさを増してくれます。




時々車がすれ違えないような狭い道もあり、「すれ違い困難」の立て看板があったりとか。
あとこの辺、道がガタガタしてて不動峠みたいでした。でもあのオレンジのカスみたいなゴミがない。ゴミのない不動峠。ちなみに不動より坂は緩い(でも20kmある)





橋と湖を見かけたら写真を撮る系自転車乗りなのでとりあえず撮っとく。
水きれい!普段泥水のような汚い利根川しか見てないからちょっと青いとすぐ喜ぶ。




あ!よくブログで見る橋だ!写真撮ろう!




夜走らないし…と思ってライト持って行くか迷ったんですが、トンネルが結構多かったので持って行って正解でした。



のんびり走って宮ケ瀬湖畔園地に到着。
小さい子どもがたくさん遊んでいます。この辺はお昼を食べられるお店も何軒かあり、休憩中の自転車乗りもちらほら見かけました。
この辺に住んでいる人たちは坂の練習もできてこんなきれいな景色が見られておいしいものも近くで食べられてうらやましい。





とりあえず宮ケ瀬湖畔園地に到着したところで今回はここまで。続きは次回。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。