自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

ルナちゃんと初めての筑波山

大分日が暮れる時間が遅くなってきました。
今日は気温も高く、絶好のサイクリング日和。
気温が20度近くまで上がるので、どんな格好で行けばいいのか悩みましたが、インナー1枚に春秋の長袖ウェアに指切りグローブを装備して行きました。
朝はまだ気温が10度を下回っているため、少し肌寒くて指先もひんやり。



菜の花畑と桜堤で有名な幸手権現堂は桜祭りの準備がぼちぼち始まっていそうです。まだ何も咲いてなかったけど。
自宅から10kmないくらいの距離なんですが、去年は4月頃にここまで自転車で行って、「今日はいっぱい走ったなあ」なんて思ってたのが思い出されます。
今年も桜と菜の花を見に行こう~。混雑するので早朝にでも。





さて、今日のメインは筑波山。
ルナちゃんに乗るのは3度目。ルナちゃんで筑波山に行くのは初めてです。
日の出ヒルクライムでもうちょっとタイム縮めたいから今月からローラーやろうと思ってたんですが、自転車の違いだけでどのくらい不動峠のタイムが縮まるのかな~と思って、不動だけすごく頑張って登ってきました。
相変わらずちんたら登ってるんですが、今回は24分14秒。目標であった25分切りが出来たので嬉しかったです。だって初めて登った時は30分以上かかってるからね…!


つつじヶ丘まではだらだら登り(最初に頑張りすぎてもうあんまり体力残ってなかった)
、レストランでお昼ご飯。
自転車乗ってる時ってすごいお米いっぱい食べたいんだけど、大体どこに行ってもカレーとかしかなくて悲しい…。生姜焼き定食とか食べたい…。
お昼ご飯を食べた後は、25分切れたご褒美兼誕生日祝いでソフトクリームをごちそうしてもらいました!




見てください!CREMIAですよ!
ソフトクリームの部分はすごく濃厚で、ほんのりチーズのような味がしました。
これのすごいところはコーンではなくクレープ生地(っていうの?ルーベラみたいなやつ)なところです!これが非常にうまい~~~!


お腹いっぱいになって、もうずっと休憩していたいくらいでしたが、今日は2本登るという約束…。
不動峠より楽だという湯袋峠に連行されます…。



東筑波ユートピア、某テレビ番組で取り上げられてましたね。


下っている時はそんなにきつそうな感じはなく、実際そんなにきつくないとは思うのですが、貧脚に1回登った後のさらなる登りはきつい…。
のろのろ登った上に、途中で休憩を要請するという失態。しかも休憩後もまったく回復せず、のろのろ…。
リベンジは不動じゃなく湯袋から登る感じでお願いします…。


あんまりぐったりだったので、つつじヶ丘まで再び登るのは見逃してもらい、風返し峠の信号で表筑波スカイラインへ。
この前も言ったけど、疲れた脚には短い登りもダメージがでかく、表筑波スカイラインが普通にきつい。下ってるはずなのにきつい。なんだこれ。



山から下りてきた後は、またちょっと休憩。



お昼前には自転車乗りであふれかえっていたこの場所も、さすがに夕方になるとガランとしています。


しかし暖かい…もう16時を回っているというのに、日差しがとても暖かく、ベンチに座って16時半までだらだらと過ごしてしまいました。
日が伸びたとはいえ、筑波山から自宅まで60km弱。いつまでもだらだらしているわけにもいかないので、ぼちぼち出発。




鬼怒川を越えたあたりで大きな夕日がちょうど沈みかけていたんですが、すごくきれいでした。写真はありませんが。
ちなみに17時半くらいでまだこんな感じ。さすがにライトをつけないといけないくらい薄暗いですが、まだ「暗い!」ってほどではないです。


ここから30kmくらいあるのですが、少し走ったあたりから、フロントライトのバッテリーが危うく、省エネモードに入ってしまいました。
これが暗くてほとんど前が見えない…。ほぼ対向車に存在を認識してもらうためのものみたいな感じです。
辺りはすっかり真っ暗になってしまったので、こんな真っ暗ライトでは心もとないですし、家に着くまでちゃんと仕事してくれるかも不安でした。
でも無事に省エネモードのまま2時間くらい頑張ってくれて、20時前に家に到着することが出来ました。



先月から決めていたことなのですが、今年はイベントにもたくさん参加する予定で、もちろんその中にはヒルクライムも含まれてたりなんかします…。
というわけで、ローラー練習と減量を本腰入れて頑張っていきたいと思います。



*****


走行距離 140.8km
獲得標高 1565m

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。