自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

クリスマスデートライド・その2

その1のつづき。





水族館に到着。イルカ可愛いけど雨でぬれてちょっと怖いことになってる…。




バス停の裏に駐輪場があり、サイクルラックも設置されています。




クリスマス仕様の入口かわいい。
15時半くらいに入場出来ました。閉館は17時なので、結構ゆっくり見て回れそうです。




かわいい。




水族館といえばいわし。




座ると光るらしい。きれい。




そういえば朝にパンを食べたっきりだったのでお腹が空いてるんでした。
館内の軽食屋さんで16時前にガッツリ食べる!
マンボウのパンケーキとアメリカンドック。おいしい~。
数年前に来た時はクジラのからあげがあったんですが、今はサメのカレーになってました。




ペンギン。
みんな同じ方向を見てる…そこに一体何があるんだろうか…。




ゆっくりランチタイムしてたらアシカとイルカのショーの時間になってしまいました。
席は埋まってしまったので立ち見です。


アシカの体幹の強さはんぱねえ~!




イルカ~!かっこいい~!
いっぱい写真撮りました。満足。(でもスマホ変えたらズームのやり方分からなくてうまく撮れなかった…)




ショーが終わるころには館内のイルミネーションも点灯していました。
ネットニュースでこの写真を見て、大洗水族館に行こうって決めたんですよね。




はあ~きれい。




閉館時間になり、外に出ると大分暗くなり、雨は強くなっていました。
この後は70km先の霞ケ浦総合公園のイルミネーションを見に行きます。イルミネーションは21時までなので、まあなんとかギリギリ間に合うかなという感じ。


ここからは雨装備。長袖を3枚重ねしていたんですが、レインウェアを着ると暑いので、1枚脱いでサドルバッグへ。
雨のなか先を急ぎますが、雨で視界も悪く、知らない暗い道でブレーキも心もとない中スピードを出すわけにはいきません。
雨も強くなってきたので、涸沼駅で雨宿り。ちなみにひぬまも読み仮名降ってなかったら読めない。こぬまだと思ってた。




しばらく雨宿りしていましたが、時間ばかりがなくなっていくので先へ進むことにしました。
ずっと道なりに進んでいましたが、ふとナビ代わりにしていたサイコンを見るとフリーズしていることに気づきました。軽井沢自走の時もそうだったんですが、170kmを越えると急にへこたれます。こんな知らない道で困った…。
しばらく道なりだったはず…とひたすら進んでいましたが、大分ルートを外れてしまっていました。ますますイルミネーションの時間がシビアになります…。でもまだ大丈夫だろうと思っていました。



ルートを修正する途中でコンビニを見つけたので補給がてら濡れた靴下を取り替えます。
靴下を変えたところでシューズの中はびしょびしょなんですが、今後ブルべなどで雨天ライドになった時のために防水ソックスを買って持ってきていました。靴の中が水で冷たくなっているので指先の冷えは感じますが、足は濡れていませんでした。




で、この時に気付いたんですが、レインウェアを着るために脱いだウェアをそのままサドルバッグ(完全防水ではない)に入れてしまっていたので、土砂降りの雨&泥はねでめちゃくちゃ水を吸って重たくなり、しかも泥汚れでまだらに茶色いシミがたくさん……。今度からビニール袋の持参もしないと…。反省。


コンビニを出ると雨が弱まっていました。
道の駅たまつくりへ向かい、ここからは霞ケ浦沿いをひたすら走って霞ケ浦総合公園を目指します。この時点で残り30km、あと1時間。




霞ケ浦大橋。まさか夜に霞ケ浦を走る日が来るとは思わなかったよ。




30kmを1時間で走らないといけないということは、30km/hで走ってなんとか間に合うかどうかって感じですが、25km/h出すのにも追い風と下り傾斜の力を借りないと出せないド貧脚にはつらかったです。
おまけに街灯はなくて真っ暗。これに関しては夜のサイクリングロードに慣れててよかったと思った…。誰もいない、時々車が来る道をひたすら飛ばします。




が、雨が降った弊害か、霧がすごいんですよ。すごい霞んでる。おまけに気温が下がってきて、メガネのレンズが結露。こまった。
残り時間と距離的に間に合わないかと思ったんですが、自分で引いたルートの残り距離と、看板の距離(西浦中岸から~っていうやつ)が合わない。確か公園からの距離だった気がするので、看板の距離を信じるなら飛ばせばなんとか間に合いそうな感じ。


幸い風はなく静穏だったので、なんとか25km/hで走れました。
残り13kmくらいから、霞がかっていても風車のイルミネーションが見えるくらい近づきました。
しかし、霞ケ浦総合公園に行くためには、一度土浦駅の方まで行かないといけないんですよね。霞ケ浦の形が憎い…直線距離ならほんの数キロなのにぐるっと回らされる霞ケ浦の形が憎いよ~~~!


土浦の夜景もきれいでしたが、写真を撮るために立ち止まる余裕もなく、心のアルバムにだけ収めておきました。
一般道から再び自転車道に入るころには残り1.5kmくらい。残り時間は3分。最後の力を振り絞ってダッシュ。
無事、20時59分に到着することが出来ました。天気や時間に追われて……なにこれブルベかな??


メインの風車のイルミネーションは消されかけ……風車の回転も止まっています…。




他のところはまだ大丈夫だった!




イルミネーションも消え、他のお客さんや職員も撤収して、しばらく休憩した後、今度は筑波山からの夜景を見るために筑波山方面へ向かっていきます。
一般道でルートを引いていたんですが、りんりんロードを発見したのでりんりんロードで行くことにしました。筑波山口~北条までしか走ったことないけど、マップ見たらつながってそうだったし…。



虫掛駅跡地。トイレ入ろうと思ったら紙がなかった。電気もないし。我慢。




この辺は見たことない配置の車止め。これ通り抜けやすくていいなあ。




藤沢駅。トイレめっちゃ明るい。
りんりんロードも普通の住宅の前を通ってるエリアがあるんですね。五料橋以北の利根川サイクリングロードみたい。




りんりんロードのあちこちで工事していることは知ってたけど、知らない道で迂回させるのやめてくれよぉ~!
なお、りんりんロードの側道を通ったら泥がひどすぎて自転車もバッグも泥まみれになりました。ブレーキきかねえ…。




暗くて分かりにくいけど北条のあたり。
たんぼが多いので、この辺も霧がかってる。
せっかくこの辺まで来ておいてなんですが、この天気、この路面、加えて夜クライムになるので、山を登って夜景を楽しむのは諦めました。大体一度決めたルートは強行する派ですが、さすがに何度も無茶をしまくっているので、最近ようやく引き際が分かってきました。登らなくてもパスできるので今回は諦める。筑波山からの夜景はまた今度。




筑波山をのぼるルートをなくしたことで、今回の300kmライドが300kmを切ることになってしまいました。
しかし霧が酷く、気温も3℃と大分下がってきたため、余計に多く走って距離稼ぐのもちょっときつい。


走り慣れた125号も、ちょっと街灯が減るとまったく先が見えません。いきなりカーブが現れるのでスピードを出すわけにもいかず、ママチャリ並みにスピードを落として安全運転。
雨はやんでいましたが、寒さに耐えきれなくなってコンビニで暖を取ります。肉まんおいしい。すぐ目の前の信号も霧でぼんやりしています。レインウェアとめがねが結露して水滴がすごかったです。まあめがねの水滴拭っても霧で前見えないから一緒なんだけど…。




あまりに寒くてなかなか先に進めなかったんですが、いいところにコインランドリーを見つけました。
本当は霞ケ浦を出発した時にたくさんあったんですが、その時はまだ少し暖かかったからびしょぬれの裏起毛ウェアはいらないなと思ってスルーしてたんですよね。


出来るだけ絞った状態で、泥染みはそっちのけでとりあえず乾燥機に突っ込みました。




とりあえず10分だけ回して、少し湿っぽいけどまあ大丈夫そうだったので着ていきます。あったかい…生き返る…。
八千代あたりからは霧も晴れていたんですが、急いで帰るのも疲れるし、深夜ライドが楽しすぎて帰りたくなくなったので、ママチャリペースでのんびりと。


2時を回ったところでやっと埼玉に戻ってくることが出来ました。
このまままっすぐ家に帰れば3時前には家に着いたんですが、眠気も襲ってこないし、気分も上がっていたので杉戸~宮代まわりで遠回りして帰りました。夜ライドきもちいい~!連休のたびに日をまたぐ長時間ライドしたくなる~!




家に帰って静かに片づけをしていたら新聞配達の人がもう来ていました。
今回は出発が遅かったけど、自転車に乗ってると眠気が吹き飛ぶから、多分24時間は大丈夫そう。400kmもなんとか耐えられればいいなあ。
悪天候ロングライドで持っててよかったものとか、これがあればなあっていう反省点も見えてきたのでよかった!本当はいずれ訪れるであろう深夜の山越えの練習をしたかったんだけどね…。


ちなみに今回は珍しく輪行袋も持っていました。



*****


遠回りしても結局300kmには届かず。無念。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。