自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

Zwiftデビューしてみました

大学時代にマリオカート廃人だったのでずっと前からやってみたかったZwiftですが、ついにデビューすることが出来ました。



これを購入しました。貧乏人にも優しいダイレクトドライブ。


ELITE(エリート) DIRETO(ディレート)(ダイレクトドライブ) 0171001 344580001 シマノ
ELITE(エリート) DIRETO(ディレート)(ダイレクトドライブ) 0171001 344580001 シマノ
ELITE(エリート)
スポーツ&アウトドア


届いた箱は普通に重くて、玄関から部屋まで運び込むのが大変でした(笑)




いざ開封!




脚とスプロケットを取り付けます。
スプロケットはルナちゃん購入時に完成車に付いていたものです(32Tが欲しかったので納車時に付け替えてもらってました)
余ったスプロケットの処分に困っていたので助かりました。





コンセントはどのタイプのコンセントにも対応できるようになっていました。




Aタイプを取り付けて、本体に差せばいつでも使えます。使わない時はとりあえずコンセントを抜いています。こういうのってつけっぱなしでもいいものなのかな?




後輪を外して自転車をセットすれば完成。
準備いらずでいつでも自転車乗れるの嬉しい~!




とりあえず仕事の日も毎日30分~1時間程度乗るよう心がけようと思います。
先週も少しやってみたんですが、部屋が暑すぎて汗だくで結構きつかったです。まだまだ長時間乗る元気はあっても暑さに耐えられない…。

Super Cycle Enduro in 下総

今日はこちらのイベントに参加してきました。



以前から出てみたいと思っていたエンデューロ。
初心者向けのコース(90分)があるということで、ギリギリまでエントリーを受け付けていたこちらのイベントに駆け込みでエントリー。


台風の影響で中止になってしまうのではないかと思っていたんですが、無事開催ということで楽しみにしていました。




今回の会場は下総フレンドリーパーク。
アップダウンのある一周1.5kmのサイクリングコースがあるんですが、そこが今回のコースになります。



7時から受付開始なので、6時すぎくらいに余裕を持って到着しておきたい…と4時半に家を出て6時半到着。
でも駐車場はまだ空いていたので、もし次回参加することがあれば5時出発でも全然余裕かなあという感じ。




7時すぎの時点ではまだコースが濡れていました。
枝なども落ちており、コース上の掃除のため少し時間が押し、エントリーしていた90分エンデューロは60分に短縮することとなりました。(ちょっと安心した!)





受付でアンクルバンドとゼッケンのシールを受け取り、シートポストにくっつけました。




コースを3周ほどアップを兼ねてゆっくり試走。
終盤の登りが地味にきつい…。
試走の登りでダメージを受けまくったため、これ以上走るのは危険なので芝生の上で体育座りしてひたすらスタートを待ちます。



予定より30分遅れの9時にライダースミーティングが始まりました。
ぞろぞろメインステージ前に集まります。




60分の人たちは、男子ソロ、女子ソロ、男子チーム、女子チーム、男女混合チーム、ファミリーチームがあり、全カテゴリー一緒に出走します。
ヒルクライムでは早々にばらけるけど、スタートが平坦だとそうもいかないよなあ…。


これまでの90分女子ソロでは、毎回1位の方が90分で30周(平均30km/h)のため、今回は60分20周を目標に頑張ることにしました。
普段平坦で25km/hで走るのにも死にそうな顔して走ってんのに大丈夫なの…?って不安でしたが…。




イベントを除くと、基本ぼっちか、多くても2人でしか走ったことがないので集団走行慣れしてないし、この手のスピードが出るレースは初めてなので、ちんたら走る私は他の人に迷惑をかけないように後方からスタートすることにしました(これが大失敗でした)




10時半にスタート。
速い人たちは早々に前に出てしまうため、しょっぱなから置いてけぼりを食らいます…。
まさかのスタート直後から単独走。


途中で前の人に追いついたりもしたんですが、登りで圧倒的に遅いので、平坦と下りではその分を補いたい。そうなると、人の後ろについててももどかしくてすぐ前に出ちゃう。
その結果、60分間ずっと単独で走っていました…。
レース慣れしてないから後ろに付かれるとアップダウンでスピードの加減速があるたびにぶつかるのも怖いので、後ろに誰かがついたら加速してそのたびに千切ってました。協調性皆無やんけ…。



20分くらいから結構しんどいなーと思いつつ、ちょっと下りで息を整えたり。
ピットにいる人たちが、同じチームの人じゃなくても頑張れー!って声をかけてくれたのでなんとか頑張れました。


50分経った時点でちょっと脚が攣りそうな気配。
平坦で脚って攣るものなんだね…登りじゃないと攣らないと思ってた…(攣ってはないけど)
残り5分くらいで、あと2周くらいしかできないかなあと思ってたんですが、ギリギリ20周行けなさそうな感じだったので、少しスピードを上げて、チェッカーフラッグを振られる前にもう一周走れるようにラストの坂も頑張りました。



そして無事目標の20周を走り切ってゴール!
女子ソロは2人しかエントリーしていなかったんですが、もう1人の方と同じ20周だったけどタイム差で負けて2位でした…。自分との戦いには勝ったけど、レースに負けたのがめちゃくちゃ悔しい…。
自分的には周回遅れにされなかっただけ、大健闘なんですけど(笑)
坂をもっと頑張ればよかった…!坂がきつすぎて何回かインナー使ったんですよ…貧脚すぎ…。





表彰式を待つまでの間に3hエンデューロがスタートしたので観戦してました。
3hも時間短縮するか多数決を取ってましたが、普通に3時間やったみたい。


レースの観戦も今までにしたことがなかったので、すぐ目の前を集団ですごいスピードで走っていくのは迫力満点でテンション上がりました!




ラストの登り。
橋の柱邪魔すぎぃ…。



別の周回で真ん中から。すぐ通り過ぎちゃうからシャッターチャンス逃しまくる。




3hを観戦している間に90分の表彰式の準備が整いました。
特に表彰台はなく、少し高いステージみたいになってるところに、カテゴリー別に1~5位が上がりました。
女子ソロは2人だけなので、出走前から入賞確定という…。



ちなみに副賞はあきたこまち1kgでした(笑)
やったー!デブ活がはかどるぞー!



写真は同じ90分に参加されていたツイッターのフォロワーさんに撮っていただきました。ありがとうございます。表彰式前に突然声をかけてすみませんでした(笑)




実際にエンデューロ参加してみて、走ってる時は苦しかったんですがとても楽しかったです!
また参加したい~!(同シリーズの第3戦は嬬恋キャベツヒルクライムの前日なのでスケジュール的に無理なのです…というわけでまた来年…)
今度は平均32km/hくらいを目指していきたい!ゆるポタばかりじゃなくてローラーやらねば!


奥武蔵GL女子ライド

7/25に憧れの女性サイクリストのこいもさんと奥武蔵グリーンラインに行ってきました。
こいもさんは自転車を始めてからまだ1年未満にもかかわらず、長距離も走れるし登りも速いしすごいなーと思いながら、ツイッターで初めて見かけた時からこっそりと追いかけていたので、お誘い頂いたときはとても嬉しかったです。





当日は9時半に物見山で待ち合わせ。
物見山も行ったことなかったんですが、距離的にはまあ7時に家を出れば余裕をもって到着できるかなあという感じ。
でも3時半には目が覚めてしまったので、ゆっくり準備して5時すぎに家を出てのんびりポタリングすることにしました。



騎西にある蓮池。
いつも通勤の時に朝綺麗に咲いていたので早いうちに行ってみました。夕方にはつぼみになってるしね。



指入っちゃった…





写真を撮って時間をつぶした後は、吉見百穴の脇の坂を上がって10%住宅街。
これから山に行くのに無駄に体力を使っていくスタイル…。



待ち合わせの2時間ほど前に物見山に到着。
ここにくるまでの大東大文化大前の坂がしんどすぎてやばかった…。


時間があるので埼玉県民らしく、物見山の周回をしてみようかと思ったんですが、気が付いたら東京電機大に至る坂を登っていました…。そして大東文化大前の坂おかわり…しんどい…。





9時を回ったころにこいもさんが待ち合わせ場所にいらっしゃいました。
ツイッターで急かしてしまったような申し訳ない気分になりつつ、挨拶と少しお話をして、目的地まで連れて行ってもらいました。
女性の後ろついていくのってテンション上がらない…?




黒山三滝入口に到着。
ここを少し散策した後に奥武蔵GLに挑みます。




黒山三滝は比較的緩やかな坂が続いている感じなので、個人的には走りやすいし脚も楽だったんですが、気が付けばものすごく引き離されています…さすが坂速い…。




到着です。木陰で水が流れていてとても涼しい。
奥の石段を登ったところで休憩がてらしばし雑談。



この奥は道が悪いので行きませんでした。





来た道を下り、いよいよ奥武蔵GLへ挑みます。
「激坂はないです!」という言葉を信じてのぼりはじめ、しょっぱなから10%超え…あっというまにこいもさんの姿が見えなくなります。
激坂の定義とは……?(貧脚なので自分の中では8%くらいから激坂という印象があります)




上まで登ってから下りてきてくれたこいもさんに励まされながら、なんとか最初の一本杉峠に到着。
まさに最初からクライマックス…。



ところで見てください、この一本杉峠の看板を。上にリスが座ってます。かわいい。





この日の天気予報は晴れ時々くもり。気温は33度とここ最近の中では涼しい方でしたが、晴れて日差しが強くなり、結構暑く感じました。
そして私が山に登った時のこの安心と信頼の白い景色よ!ひどい~!






一本杉峠からまたさらに登り、顔振峠へ到着。
ここには茶屋があるため、ちょうどお昼時だったこともあり、他の自転車乗りでにぎわっていました。




平九郎茶屋。
飯能って遠いと思ってたんだけど自走で来ちゃった!テンション上がる!




いつもここに来ているらしい常連のおじちゃんから凍ったペットボトルのお水をいただきました。
ボトルの水がぬるま湯になってたところだったのですごくありがたい~!
塩のきいたきゅうりとトマトもいただきました。ありがとうございます。





腹ごしらえをした後は再び登り。
坂を見るたびにウワーッ!て大騒ぎしてたんですが、頑張ってください!とそのたびに励ましてくれるこいもさん。優しい…。



傘杉峠。




この辺直射日光が痛すぎました…超暑い…。
そして当然のように前を走るこいもさんの姿がもうすでに見えない…。



途中で待っててくれたり、ゆっくり登ったりしてくれるので、追いついて引き離されてを繰り返します。




飯盛峠。
自転車を投げ出して、日陰に座って休憩。
お昼にもらった凍った水も、もうすっかりぬるくなってしまいました…。
そういえば会津に飯盛山ってなかったっけ?




あとちょっとー!がんばろー!と励まされながら、飯盛峠から大して走っていないのに次のぶな峠に到着。
2kmないくらい。私の中で峠の基準は筑波山の不動峠なので、不動峠よりも坂が楽なら「初心者向けの優しい坂」。距離が4km以下なら「短い坂」。


ちょっと写真が遠すぎて見にくいんですが、木へんに義と書いて「ぶな」と読むそうです。読めるわけない…。





次はいよいよこの辺で一番標高が高いという刈場坂峠。
なんかこの辺初見で読めない峠の名前多くない…?


ここ距離が短く、もうすぐでてっぺんに到着するという気持ちのたかぶりもあり、どんどん前に進みます(速いとは言ってない)
…と思ったらすごい枝がたくさん落ちている…というか道を塞いでいる…。
今まで降りてきた車や自転車はここを強行突破してきたの…?


さすがに通り抜けられる場所もないので、自転車から降りてせっせと枝をどかします。




気を取り直して再スタート直後から猛烈に引き離される!速すぎる…!




そして刈場坂峠に到着!自転車を並べて記念写真。
ここですよ!よくいろんな人の写真で見かけるところ!めっちゃ背景白いけど!


埼玉県にしては標高が高いだけあって、風が吹くととてもさわやかで涼しく気持ちよかったです。
ここまで車で来て寝てる人や、お昼を持ってきて食べてる人もいました。




ここから白石峠まで行き、そこから一気にダウンヒル。
下ってる時の風も熱風とはいかないまでも温風でした。下界は暑い!


この後は女子ライドらしく、おいしいものめぐり。わーい!




ときがわ町のかき氷専門店山田屋。
すぐ横は川が流れており、ここもなんと橋の下にあるお店です。




世間は夏休みなだけあって、かなり行列が出来ていました。




ブルーベリーヨーグルト。
氷にヨーグルトがかかっており、上にはブルーベリーが乗っています。
ブルーベリーソースはヨーグルトの上にかけると滑っちゃうらしいので、ほじってソースを流し込んで食べました。
この日初の冷たいもの!おいしい!最高!




お次はとうふ工房わたなべの豆乳ソフト。
ミニサイズとレギュラーサイズがありましたが、さっきかき氷を食べたばっかりなのでミニサイズ。




カウンター横に置いてある醤油を垂らして味変もできます。
個人的には醤油をかけた方がおいしかった~!





この後は物見山に戻り解散となりました。


それにしても山を登った後に向かい風の中30km/h弱で走るとかすごすぎません…?
女子でこれですよ!すごい!ますます尊敬する!
ちなみに私はこの後向かい風に負けて、インナーローで20km/h以下でちんたら家に帰りました(笑)




今回はずっと初めての場所ばっかりだったうえ、ちんたら登って完全におんぶにだっこ状態でした。
でも埼玉にこんなにさわやかでいい場所があったんだなあと新たな発見になったので、もう少し坂を登れるようになったらリベンジしに行きたいと思います!
あと飯能が意外と近かったので自走で行けそう!今まで前橋の方が近いと思ってたけど、前橋行くよりも20kmも近かった!


飯能には自転車始めてから初めて行って苦い思いをしたことがあるのでいつかリベンジに行きたいと思っていたし、正丸峠の峠ステッカーも回収したいので年内には行くかな!




今回は新たな道の発見や、おいしいものが食べられてすごく充実した一日でした!
お誘い本当にありがとうございました!機会があったらぜひまたよろしくお願いします。



誰かと山行くときに登りで足引っ張らないようになんとか頑張らねば…。