自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

山の日 群馬満喫ライド その2

その1(榛名山)の続き。




10時過ぎに榛名支所の駐車場に到着し、今度は妙義山と碓氷峠を登るために道の駅みょうぎへ向かいます。
途中、安榛トンネルのあたりで大雨が降っていたんですが、山を下ったらすっかりやんでいました。山の天気は変わりやすい!



1時間弱で到着。駐車場は空いていました。





峠ステッカーは基本的に登ったら買う派なんですが、18時の閉店までにすべて登り終えて帰ってくる自信がなかったため、道の駅のすぐ近くのかどやさんで妙義山の峠ステッカーをお買い上げ。
そしたら、どうやら道の駅でやってるらしいガラポン抽選の券をいただきました!
良いものはまいたけ1箱。そのほかにも、近くにある入浴施設の無料券などがありました。





2回まわせるとのことだったので結果は………


どん!



ララクラッシュと山の日の妙義山缶バッジ!
ララクラッシュは仕事の日にお弁当と一緒に持って行こう…。
山の日缶バッジには「妙義山にありがとう 2018.8.11」と書いてあります。他のところでもこういうのやってるんだったら記念に欲しい~!
この日はサドルバッグにつけて走りました。




妙義山が目と鼻の先にあったんですが、うっすら黒い雲が北の方に見えたので、雨が降る前に先に碓氷峠の方に行ってしまおうと思い、先に碓氷峠に向かいました。
道の駅からめちゃくちゃ下って(これ妙義山に行くときに絶望するやつです)、国道18号へ出ます。
おぎのやの釜めし食べたいなあ~と思いながら、混んでいたので通過。11時くらいだったからお昼にはちょっと早かったので…。朝ごはんは4時とかだったんだけど…。





碓氷バイパスと旧中山道の分岐があり、旧中山道を進みます。
ちょっとした段差がありますが、酔っ払いがうっかり足を踏み外して落っこちそうな側溝がたくさんあります。
碓氷峠に差し掛かる前からなんか地味に上り坂です。





住宅街のような場所を抜けて、ようやく碓氷峠。カーブが多いそうです。
ここにもカーブの数が書いてある看板が立っていました。





ちょっと逆光気味ですが、日陰が多くてとにかく気持ちいい。涼しい。景色が良い。
そして何より坂が緩い。3~4%前後しかないので、榛名山で使い果たした脚にも優しい。





碓氷湖で寄り道。
遠くの方にめがね橋のようなものが見えたんですが、よく見る写真と角度とか全然違うな…と思ったのでとりあえずスルー。
この先にめがね橋は数キロ先ですよって看板があったよね…。





到着!
めがね橋は確か「この先碓氷峠」の看板から5kmとかそんな距離だったかな?すごく近かったです。
そしてラッキーなことに、この時近くに他の観光客がいませんでした!なのでルナちゃんと一緒にゆっくり写真撮影。
駐車場に車を停めた人たちがめがね橋を見に下りてくる姿が見えたので、ほどなくして退散しました。





それにしてもカーブが多い…一体いくつまであるんだ…もう100だぞ…。





んん…軽井沢9km……長いなあ……(多分登り区間は20kmくらいあるっぽいです)





しかしとにかく気持ちいい。木陰が最高すぎる。
そして坂が緩い!何度も言うけど坂が緩い!観光ライドなので緩くてもインナーローでたらたら登るんですが、実に快適である!





そしてこの天気!素晴らしい!気持ちいい!最高!わーーーい!!
この雲すごいアニメの雲っぽくない!?すごいーーー!きれーーー!
ちなみに先日の雨の影響か、路肩には枝葉がたくさんありました。そんなに多くはなかったんですが、車も来るし、カーブが多いから余裕を持って抜かしてくれない場合もあるので路肩に追いやられることもあります。パンク注意。





ほどなくして碓氷峠の頂上に到着。
石碑には碓氷峠なんちゃら~って書いてありましたが、写真じゃまったく確認できない…。





軽井沢!ついに長野まで来てしまいましたよ~!





群馬側も。こちらは帰りに撮った写真なのでちょっと雲が多い。




今回の目的は碓氷峠でしたが、峠ステッカーは旧碓氷峠のてっぺん。
そこには石碑から軽井沢側へ行かず、横道に入って登っていきます。



道は狭くてちょっとガタガタ。最初は少しきつめの7%前後。
その後、別荘が立ち並ぶエリアに入ると、3~4%のゆる坂に落ち着きます。





ここもとにかく涼しい。
標高1000mを超えてこれだけ自然もいっぱい。木陰は本当にきもちいい。





7kmほど登ったところでしげの屋さんに到着。
お店がちょうど群馬と長野の県境にあります。
ここのお店、私の好きな西山宏太朗くんが以前テレビの撮影で来た場所なんですよ。





県をまたいで撮影。
自転車とめておくスペースはあんまりないので、大人数で押しかけると邪魔になるかもしれません。





お店の正面には2県にまたがった熊野皇大神社があります。
人が多いのと、疲れた脚でビンディングシューズ履いて階段を上り下りするのは苦行だったので参拝は諦めました。





お店に入り、遠くに町が見渡せる特等席に座ります。
気温は25度くらいで非常に涼しい。冷たいお茶をがぶ飲み。





碓氷そば。秩父でくるみそばを食べてからくるみダレ大好きなので、冷たいくるみそばを頂きました。
秩父では胡麻ドレッシングみたいな感じでしたが、こちらはそばつゆにクルミを投入してまぜまぜ。麺にも乗ってました。



涼しい場所で冷たいおそばを頂いていると、大雨が降ってきました…。
帰りは30km近くずっと下り坂なのにどしゃ降りはやばい…。雨大丈夫だと思ってレインウェアは車に置いて来た…アームカバーも暑かったから車に置いて来た……終わった……。


かき氷も注文したのに……気温も下がり、23度くらい?
汗で濡れたウェアに冷たいそばと冷たいお茶で体が冷やされて、なぜか鳥肌を立てながらかき氷を食らう女…。



しかもこのかき氷、ふわふわのじゃなくてキーンってなるやつ~~~!
しかもめっちゃ量多い~~~!


震えながらかき氷を食べていたらいつの間にか雨が上がって、雲の間から青空が見えていました。



お店の2階には展望台があります。晴れてると筑波山も見えるのかな?





ちなみにトイレにはでかい金魚が3匹もいました。





なんか視線を感じると思ったら、トイレの上からふくろうがこっちを見ていました(笑)





手洗い場がおしゃれ。やかんを傾けると水が出て、戻すと水がとまります。おしゃれすぎる。







雨がやんだので、見晴らし台を目指してみることにしました。
この先はこけまみれの坂を自転車を押して上がります。帰りがまじでやばかったです





県境!





天気も晴れて超良い景色!青い空!白い雲!緑の山!遠くに町!最高です!




さて、景色を満喫したところで14時頃から下山。
雨が結構降っていたので路面状況が心配だったんですが、こちらは全然濡れていませんでした。



ちなみに碓氷峠のカーブは183もあったようです。すごい!
下りがとにかく長いので途中で休憩をはさみつつ下りました。





行きで写真を撮れなかった碓氷峠鉄道施設。




標高約1200mで23度ほどの気持ちよいところから約900m下り、おぎのやを通過する頃には気温は33度でした…めっちゃ蒸し暑い…日差し強い…。


そこから道の駅までは少しの間登り坂。
一部、サイコンが13%って表示してたんだけど気のせいだよね…。
この頃にはかなり疲れてて、8%以上になるとダンシングじゃないと登れなくなってました…。



道の駅みょうぎにたどり着き、しばし休憩。
営業時間までに帰ってこれるか分からなかったので、先におみやげを購入しました。



ちなみに妙義煎餅めっちゃうまかったです!
バニラアイス乗っけて食べたら絶対うまい!また今度行くときには買ってこよう!





その3(妙義山)に続く。


山の日 群馬満喫ライド その1

8/11は山の日でした!
この日は一人だし、どこに行こうか迷っていたんですが、最近さぼっていた峠ステッカー集めをすることにしました。
行けそうでなかなか行けていない群馬エリアを制覇しようということで、
・榛名山
・妙義山
・碓氷峠
の三か所に行くことにしました。
最初は輪行で行こうかと思ってたんですが、さすがに自転車移動だけだと一日で全部をめぐるのは大変そうなので、車載で行きました。


ちなみに去年の山の日はド平坦のカスイチしていたようです(笑)





朝5時くらいに出ればいいかなあと思ってたんですが、自転車乗る日は楽しみすぎて基本的に寝られないので1時半頃に目が覚めてしまい、寝不足でしたが眠れないまま家でダラダラしてるのもなんなので、3時ころからのそのそ準備を始めて4時半に出発。
途中雨がぽつぽつ降ったりしてたので天気が心配でしたが、群馬は快晴でした!サンキュー山神
7時すぎに榛名支所の駐車場に到着し、まずは榛名山を登ります。



榛名山は今まで2回来たんですが、写真撮りながら登ったことないし、神社までしか登ったことなかったので、今回はスマホ片手にゆるゆる登っていきます。







スタート地点。
天気は良いですが、雨上がりなので湿度が高くて気持ち悪い暑さです。




ここのドストレート区間はわりと好きなんですが、日陰がまったくないのでめちゃくちゃ暑かったです…。




鳥居が見えたらもうすぐ初心者コースのゴール。




初心者コースのゴール地点。




この木が生えてて日陰で地面が少し湿ってる感じ、すごく涼しくて気持ちよかったです。
あとこの辺はあんまり坂がきつくない!やったー!




榛名湖まであと8km…長い…




神社コースのゴールまであと1kmくらい。でもここからが地味にきつい。




大鳥居が見えたら神社コースもおしまい。
鳥居をくぐって左へ曲がり、ここからは完全に未知のコースです。



榛名湖コースは最初に下りがあって、そこからが激坂って聞いてたんですが、下り???どこ???って思ってる間に激坂に入ってました。
心の準備が出来てない…思ってたほどの下り坂じゃなかったから気づかないうちに下り区間終わってた……。しかも坂きつい区間長い……。




撮影してる余裕がなかったので全然写真ないですが、ちょっとだけ緩くなったところで気づいたら残り2km




あっこれが有名な男根岩!
正面から撮った写真はあとから確認したらブレブレだったのでこの微妙なやつしか手元に残らず…。




計測区間のあと、どこへ行ったら榛名富士とかが見られるのかよく分からず、とりあえずそれっぽい方面に向かいます。
でもここがまさかの下りなんですよ。下るってことは、帰る時に登らなきゃいけないじゃないですか……。


途中、トイレに寄ったりしてたんですがちょっと先まで行ったら榛名湖コースのゴールがありました。
こっちがゴールなのね!知ってたらちゃんとここまで行ってから寄り道したのに…!





ここからはプチ聖地巡礼。
榛名湖コースのゴールから少し進んだ先にある県道126号。
弱虫ペダルで東堂さんと巻ちゃんが勝負していた小さな峠だそうです。



ウェルカム10%&クソ路面。





ちょっと緩くなった気がするけど気のせいだった!きつい!




東堂さんたちはてっぺんまで競争してたはずなのに、そこの目印がなくていつの間にか下り区間に突入しているよ…?
ちなみに峠の頂上を通り過ぎてたことに気付き、この12%を登り返すはめになりました…。でもここ12%もなくない?




登り返してたら目印看板見つけました!
左側にあるものだとばかり思って左ばっかり見てたから、右側にあるのを完全に見落としていたようです。




アニメ見直して予習してたから、これ見たら登ってる人から見て左側にあると思うじゃん……。



同じ角度で写真撮ろうと思ったのに、家に帰って確認したら全然角度違くて笑った。
ちなみに東堂さんたちが触ってた標高看板まで行こうと思ってたのに、ここまで来たら満足しすぎてすっかり忘れてました。駐車場まで下山してから気づいた…。




七曲峠(小さな峠)攻略している間に、峠ステッカーのお店がオープンの時間を迎えたので行ってみると……



やってない……まさか……今日祝日なのに……?かき入れ時なのに……?



と思ってツイッターに「お店やってないよー!」と投稿してたら、9時20分ころに開店して無事ゲット。
お店のおばちゃん良い人でした。





この後も2か所登らなくちゃいけなくて予定みちみちなので急いで下山します。



ここで写真撮るの忘れてたので、写真撮ってから下りました。
ちなみに下りようとしたらバスが来てしまったので、バスのうしろをのんびりゆっくり下ることになりました。まあ初めての場所だし安全運転でいいかな。



ちなみに榛名湖の周辺は気温25度くらいですごく気持ちよかったです。




その2(碓氷峠)に続く。



リベンジ避暑ライド

先月、避暑のために日光へ行ったんですが、スポークが折れてしまったため、泣く泣く帰るはめになりました。





昨日は一週間前の予報では最高気温が30度だったため、銚子までロングライド予定だったんですが(サイコンの記録が途中で切れてしまったので最長距離が300kmにならず、そのリベンジの予定でした)、この日の予報は37度。涼しいところに逃げたいので、日光に行くことにしました。
いつも前日や当日に遠方に行きたいって言っても何とか対応してくれるsilverさんには感謝です。



渡良瀬遊水地の横を走り、三国橋から栃木県道11号へ。
道の駅にしかたの前を通り、国道119号へ抜けるルートです。


その予定でしたが、国道119号へ向かわずに、板荷駅の手前から大通りを外れて県道に入るルート(下の画像の赤いルート)
これ、大通り沿いに行くよりも近道に見えませんか?そんなわけで、時間短縮になるだろうと思ってこっちの道を通ることにしました。





大通りを外れると、地元の人しか通らないような車もほとんど通らず平坦で気持ちのいい道でした。




しかし気が付くと山を登っている…?おかしい…。




県道150号と14号の交わる場所で日光駅方面に向かうため、右折しますが、どう見ても山です本当にありがとうございました。
ウェルカム10%超を越えた先はまた緩やかになっており、10%前後と3%前後でしばらく緩急がありました。






でも気が付けば壁のような坂が…距離としては数百メートルでしたが、13~16%くらいの地獄のようなエリアが…。
激坂を頑張って登るsilverさん。黄緑すぎて周囲の景色と一体化しています(笑)




激坂を登り終え、道の確認がてらしばし休憩。
県道は1本道ですが、市道のようなものもあり、ところどころ分岐しているのです。
下りの方に行きたい気持ちでいっぱいでしたが、残念ながら正規ルートはまだ登らなければならないようです…。




トンボいっぱいいました。日光行くと絶対ハンドルにトンボ止まる(そしてピンボケ)





ようやく県道14号を登り終え、あとは日光駅方面に向かって一気にダウンヒル。
ここからなぜか車がほとんど通らないのに道路も片側一車線になり、道幅もひろく気持ちよかったです。




ようやく見知った景色。日光の市街地へ向かいます。
朝は曇ってましたが、青空が覗いています。山に行くときはいつも天気が微妙だから、こんなに晴れてるのは嬉しいなあ~!(フラグ)




神橋で風鈴祭りをやっていました。
ちなみに前回来た時(スポーク折れの時)もやっていました。





午前中はいろは坂に入るまではほぼ日向で、標高700mほどまで登って来たとはいえ気温も高くじわじわと体力も脚も削られていきます。
私もただでさえ登りは遅いのに、どんどん引き離され、のんびり自分のペースで登ることにしました。



ようやく馬返しに到着しましたが、日陰でsilverさんがダウンしていました…。
どうやら両脚を攣ってしまった様子。


当初は金精道路を制覇する予定でしたが、気温も高いしこの日は自走で帰りも100km以上あるため、これ以上登らずに帰ることにしました。




金精トンネルを抜けて群馬側へ下ったところにある花豆ジェラートが最高においしいので一緒に食べたかったのですが、またの機会に。





しばらく休憩した後、帰路につきます。
120号の旧道は時々車が来るけど日陰になっていて気持ちいいです。
通行止めになっていて距離が短いのが非常に残念。
鹿沼市へ抜ける121号の杉並木も最高ですが、あそこは道幅がそんなに広くないので、後ろから車が来ると、対向車がいなくなるまでなかなか抜いてもらえないのでちょっとストレスがたまります。




そういえば鹿沼市にはこのようなサイクルラックと、KANUMA BICYCLE SUPPORTERと書いてある看板がたくさんありました。
お店によってどの程度の援助を受けられるのか違いがあるとは思いますが、空気入れを貸し出してくれるところは結構あるようでした。ありがたいですね。




道の駅にしかた。
ここにはジェラートショップがあるのですが、とにかく冷たい水分を欲していたため、ジェラートではなく自販機で飲み物を2本買いました。




以前来た時もジェラートは食べなかったので、いつか食べに行かなくては…。





ちなみに埼玉東部に住んでいながら、初めて太平山の近くを通りました。
なんか何年も前に夜景を見に車で行ったことはあるんですが、それ以来名前を聞く機会しかなかったなあ…。山嫌い坂嫌いを公言しているので暑い時期に行くことはまずないだろうなあと思います。


夕日が18時を回ると夕日が沈み始めます。
ちょっと前には19時ってまだ明るいなーって感じだったんですが、今はもう18時半をすぎるとぼちぼち暗くなっちゃいますよね。




太平山から50kmほどのんびり走り、20時半前に家に帰りつきました。
晴れてる日に誰かと日光に行くと何かあるっていうのが最近の傾向なので、今度は平日休みの日か山の日に輪行で再挑戦したいですね…。


ちなみに家のあたりが海抜10mほどなので、アップダウンどころかずっとアップしっぱなしだったせいで、いろは坂の手前でわりと脚が疲れてしまいました。
金精峠行ったら最高の避暑ライドになっただろうけど、1800mずっと登りっぱなしっていうのもまじでツライので今回はこれでよかったかもしれません…。
貧脚にじわじわ1~2%登坂が数十キロ続くのはかなり脚にくるって分かりました…。





*****





6月下旬のブルベ以来の200km超えライドでした。