自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

まだまだ嬬恋滞在・渋峠編

毛無峠編の続き。



再び万座温泉に戻り、今度は渋峠方面を目指します。
天気はなんとか持ちそうだったので、レインウェアが入っているリュックは持たずに、ウィンドブレーカーだけボトルケージに突っ込んだまま行くことにしました。



少し登ると立ち込める硫黄の匂い。
源泉の匂いとか好きなので、温泉だ~~~!感が強かったです。
もくもくと湯気も立ち上っています。




時々登ってくる車や下ってくる車がいますが、広い道をほぼ貸し切り状態。やはり平日ライドは最高。




南の空は上の写真のように曇り空ですが、西~北にかけてはこれ本当に同じ時間なの?っていうくらい青空です。空気が冷たくて気持ちいい。




今から登る先が見える道は最高に良い眺めですよね。
ちなみにここのてっぺんが渋峠だと思って「あとちょっとだ~」なんて思いながら登っていました(笑) 全然ちがかった…




右折すると草津方面です。




こちらは完全に封鎖されてしまっていますが、開通されたらいつか家から自走で渋峠を目指してみたいものです…。
多分家から150kmちょいとかで行けるから、夜明け前に出発すれば帰りは電車が出てるうちに輪行で帰ってこれるんじゃないかな…。





分岐を左に曲がって、まだまだ登ります。青空が本当に綺麗です。




ガードレール脇からは今まで登って来た道が良く見えます。(これはダウンヒル時に撮ったものなので、登っている時はこっち側は見えません)
まるで群馬のマチュピチュ…。




写真を撮りながら登っていたんですが、山田峠のあたりから「よっしゃー!絶景だー!」と思ってカメラ起動したらスマホがフリーズしてしまって、途中の写真はありません…ダウンヒルの時に何枚か撮りましたが…。



群馬側は見渡す限り一面まっしろ。
標高が高いだけあって雲が近いですが、今からこの真っ白の中に突っ込むのか…という気持ち。




んん……前が見えない……。
こんな景色、竜泊ラインでも見たことあるぞ…。






霧の中に突っ込み、ほどなくして到着。
後ろが真っ白すぎて、まったく景色が見えない……これは残念すぎるのでまたリベンジしに来なければ…。
霧のせいもあると思いますが、この日の渋峠の気温は13℃でした。ちょっと寒い…。




少し下り、テレビなどでもよく見る渋峠ホテル。



道路を挟んで向かいには、よく峠にあるやつがあります。一応写真を撮っておこう。
あとホイール換えたらなんか写真を撮った時の自転車の存在感が強くなったような気がします。




渋峠ホテルの先、長野側は青空が広がっています。




渋峠の峠ステッカーは、この先の横手山ドライブインにあるため、少し下ります。
その道中の景色がとにかく最高でした…。



すごいきれい…。



横手山ドライブインの駐車場から。
なんでこの日こっちを下って登り返さなかったんだろうと後になってちょっと後悔しました。超綺麗。語彙力が迷子になるくらい綺麗。




峠ステッカーをゲットした後は再び渋峠に戻ります。
ちなみに横手山→渋峠までの微妙な登りが地味にきつくてひーひー言いながら登っていたら、車のおじちゃんから「頑張れよ~!」と声をかけてもらいました。
観光地はこういう人が多いから好きだな~。



渋峠では日本国道最高地点到達証明書を発行してもらえます。
絵柄は5種類で1枚100円。コンプリートしなきゃだからあと4回行かなきゃ…。




インディーくんとマーカスくん。わんわんお。




じー…




(ほしい……)




さっきまで横で背中向けて寝てたくせに、食べる音とか缶を開ける音で敏感に起き上がって、ヨダレを垂らしながらこっちを見てきます(笑)
食い意地張ってるところがうちの犬にそっくりだ…。




少し時間は早いですが、お昼は横手山頂ヒュッテのパンを食べる予定でした。
地図を見てみると、渋峠のリフトの方から行けるようでしたが、実際に行ってみるとロープが張られており、通行できないようになっていました…。



後から調べてみたら、横手山のスカイレーターの方から行けるようですね…ここのパンもまたリベンジしたいと思います。




パンを諦めて雨が降る前に帰路につきます。


登っている間にスマホフリーズで撮れなかった景色。
帰りにはちょっとガスっていました…残念すぎる…。




しばらく下っているうちに、少し霧が晴れました。
あとちょっと粘ってれば、峠のてっぺんでもいい写真が撮れたんじゃ…という気持ち半分。でも、群馬側の分厚い雲はずっとあったので、粘ってなくて良かったかな…という気持ち半分。




景色がとにかく最高に綺麗すぎて、「最高」と「綺麗」しか言えません…。
ダウンヒル中に2人の自転車乗りとすれ違いました。




万座しぜん情報館の駐車場に戻り、着替えて帰る準備をします。
予定していた横手山頂ヒュッテでのお昼を食べはぐってしまったのでどうしようかと思っていたんですが、せっかくなので万座ハイウェー上にある嬬恋牧場でお昼を食べることにしました。



食券制なんですが、ちょうど自分の前で食べたいと思っていた期間限定メニューが完売してしまったので、嬬恋牧場愛菜(あいさい)スロッピジョーバーガーをいただくことにしました。




普通のハンバーガーのようなハンバーグではなく、ミートソースに入ってるひき肉のような感じの肉が入っています。
ソースとふわふわのバンズも相まっておいしいです。そしてブレないキャベツ。




お昼を食べた後は少し駐車場で休憩して、下道で約4時間かけて帰りました。
ちなみに万座ハイウェーをおりてしばらくしたところに気温表示板があるんですが、28℃もあって上との気温差にびびりました…。


ちなみに万座温泉から前橋あたりまでは下り基調なのでガソリンの消耗も少なくて済みました(笑)




それにしてもとにかく嬬恋周辺は魅力的なところが多すぎるので、ぜひまた行きたいです!
紅葉とか!秋の渋峠とか!絶対また行かなくては!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。