自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

嬬恋キャベツヒルクライム・当日編

9/2、ついに嬬恋キャベツヒルクライムの当日を迎えました。


が、この日はちょうど出走後の10時頃から雨予報。

前日あまりに暇すぎて21時には就寝し、無駄に24時頃から起きていましたが4時頃まで外は雨。

こりゃ雨クライムだなーとか登るだけならまだしも雨の中20kmのダウンヒルは死ぬな~とか思ってました。

しかし朝方には曇って入るものの雨はやみ、会場入りした6時過ぎには日陰以外は大分路面が乾いていました。

とはいえ、曇り。これから登るであろう北の方は大分ガスっています。




泥除けをつけようかどうか迷ってつけたり外したり。ライトをつけようか迷ってつけたり外したり。

そんなことをしながら2時間ほど時間を潰し、開会式を待ちます。




8時20分頃にみんなで準備体操をしていよいよ開会式が始まりました。


村長さん、キャベツサコッシュをかけています。可愛い。




ゲストライダーとして一緒に走るニッポヴィー二ファンティーニの選手紹介。

旗で全くステージが見えません(笑)

ダミアーノ・クネゴ他4人の選手がカテゴリー毎に一緒に出走するそうです。

ルール説明してる間にも広報用に集合写真を撮っていたんですが、みんなルールそっちのけで写真を撮りに来てました(笑)




開会式が終了し、いよいよスタート位置へ向かいます。

エキスパート、一般(グループB~F)、ファンライドの順に出走。

一応スタート待機場所はグループごとに決められていたんですが、私のいたDグループの中でもBとかEの人たちが混ざっていました。タイム申告した意味とは…?





以下、スタート~ゴールまで写真はないので文章だけになります。



スタートは数十人ごとのスタートではなく、前の人に続いてスタートするという形。数百人がダラダラとスタートするわけなので、当然団子状態になります。おまけに自転車にまたがってから計測開始ラインまでの距離が短い。

前の人がクリートがはまらずもたついている間に計測開始ラインを通過し、平坦なのに10km/h程度しか出せないまま進みます。

また、スタート直後に急坂カーブがあるんですが、さらにそこでもたつく。

なかなか前に出られないまま、最初の数百メートルで大分タイムロスしてしまいました。



スタートからファンライドコースのゴール(6km)までの平均は5.9%とのことですが、序盤はとにかく7~10%が続きます。とにかく出だしからめっちゃきつい。前に出られず自分のペースで走れないのもきつさに拍車をかけていた気がします。

時々平坦があったので、コイツが平均勾配を下げてる原因だな…と思いつつ平坦では頑張って踏んで25~30km/hくらい。

レーワンはシッティングで坂を登る分には脚が重い感じですが(いつものことだけど)、平坦やダンシングで踏むとグイッと進んでくれます。これはもうエンデューロと平坦ロングライド用ホイールにしよう…。



しかし20kmがとにかく長い。

雨は降っていないし、気温は17度(サイコン調べ)と半袖で実に快適なんですが、とにかく長い。半べそで登った赤城山の悪夢を思い出します。


大分登ったぞーと思った時の「残り10km」の看板には絶望しかなかったです(笑)

コース全体の平均は5.1%みたいなので、碓氷峠みたいなダラ坂を想像してたんですが、平坦と7%以上を繰り返すような印象がありました。脚を休める余裕がない…。


途中の嬬恋牧場からの景色は開けていて、最高にいい感じでした。写真を撮れなかったのが悔やまれます…。

※追記:翌日車で嬬恋牧場に寄ったので写真を載せます。






残り5kmくらいから体感としては平坦区間が少し増えてくる感じ。5%くらいの緩めの坂もちょいちょい出てきます。

この辺から、後ろから来た女子3人くらいに抜かれ始めますが、平坦で抜き返したりと必死に食らいついていきます。

それにしても腰が痛い。赤城山の時もそうでしたが、登りが10kmを超えてくると体が痛いです。


残り500mから最後の力を振り絞ろうと思い、坂が緩めだったのもあり頑張って踏みました。

最後のカーブで立哨の方が「あとちょっとだよー」と言っていたので、よし!と思ったらすぐ50mくらい先にFINISHの文字が見えたので慌てて全力走。せめてもうちょっと手前から頑張りたかった…(笑)




そんなこんなでゴール。

とりあえずおもてなしコーナーを通り過ぎ、少し先の下山用荷物を受け取りに行きます。

汗でびしょびしょなのでとにかく体が冷える…。




汗を拭いて長袖ウェアと防寒着を着込み、おもてなしコーナーへ移動。




嬬恋のお水と笹まんじゅう、温かいコーンスープを頂きました。




ここで参加していたフォロワーさんと合流、その方のフォロワーさんとも合流。

住んでいる場所は違えど、自転車乗りの知り合いが増えるのはすごく嬉しいです。ぼっちなので…(みんな利根川CRにおいでよ!)


ちなみにハルヒルに引き続き、広報の方に写真を撮られました。

9/3のサンスポにキャベヒルの記事が載るみたいだけど、写真載るかな(笑)


おしゃべりしつつ、下山の順番を待ちます。

待機中に雨がぱらついてきたので、下り長いのに大丈夫かな~とちょっと心配になりました。




最初の10kmほどは路面も濡れており、お尻が冷たいなーとか泥除け付けてくれば良かったなーとか思ってましたが、後半は乾いていました。多分下の方は雨が降らなかったんですかね?




メイン会場へ戻り、七香さんと一緒にセキノコと写真を撮ってもらいます(笑)

画像は七香さんのツイッターより拝借しました。





まずは参加賞のキャベツ一玉の引き換え。




キャベツでかいですよ!




そして下山後のおもてなし。

カボチャケーキととうもろこし。




キャベツ。




&キャベツ。





下山中、交通規制解除された区間があり、そこでも長いこと待機させられたので、表彰式に微妙に間に合わなかったんですが、フォロワーさんとお別れした後に総合の部の表彰式をしていました。

今回はコースレコードを3分更新だそうで、毎年どのレースもレベルが上がってますよね。

3位までが副賞をニッポの選手から受け取り、チャンピオンジャージを着せてもらっていました。




この後、抽選会と称したじゃんけん大会とトークショーが行われました。

ゼッケンの抽選ではなかったのでじゃんけん大会は参加しませんでしたが、選手全員のサイン入りポスターなどの豪華な商品があったようです。

トークショー後はサイン会とかもやったのかな?去年はそんなのもあったみたいですが…。



おもてなしコーナーでいくらかつまんだものの、お腹が空いていたので出店でケバブロールと嬬恋産はちみつバナナジュースを頂いて帰りました。

はちみつバナナジュースはその場でミキサーにかけて作ってくれたんですが、すごく美味しかったです。でもストローが細すぎてバナナが詰まってちょっと飲みにくかった…(笑)





ちなみにリザルトは1時間30分57秒。

女子35歳以下では26人くらいの中で10位。

男女総合では約800~900人中533位でした。

女子の順位的にも半分より上に入れたし、総合でも大体2/3には入れてるので結構頑張ったと思います。

だってそりゃあガチでトレーニングしてる人とか、好きで坂ばっかり登ってる人には勝てっこないもの。男子なんてそもそも身体能力が違うんだし。




そんなこんなで心配していた雨の影響もほとんどなく、楽しい1日を過ごすことが出来ました。

20km登りがきついのと、地味に遠いので移動が大変なのを除けばすごく良いイベントだったので、来年の参加賞次第ではまた参加してみてもいいかなと思いました!スタートの仕方がもっと改善されてるといいな…!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。