自転車日和

一人旅好きな初心者自転車乗りの自転車に関する内容とか旅行記録とか。

300km挑戦ライド・その1




250km走ったし、次は300km挑戦してみようか!
ということで、5/27はsilverさんと一緒に銚子まで往復してきました。


関宿城が「海から120km」の看板が立っていたなあと思ったので、往復で240km。
家から関宿城までが大体15kmくらいなので、往復で30km。
看板の言う「海」が果たしてどのへんなのか分からないので利根川の終点から銚子の観光スポット犬吠埼までそれなりに距離があるかな?というわけで、迂回路込みで10~20kmくらい?というざっくりした計算で約300kmライドを決行することにしました。




どのくらい時間がかかるのか分かりませんが、ブルベ300kmの制限時間が20時間のようなので、
・観光しつつ日付が変わる前には帰ってきたい
・信号も登りもない川沿いだからそこまでへろへろになることもないだろう
なんてちょっと甘い考えを持ちつつ朝5時すぎに出発しました。



一応5時半に待ち合わせていたのですが、待ち合わせ場所に着く前に合流出来たのでかなり時間的余裕が出来た気がします。



関宿城から利根川CRの右岸をひたすら下っていきます。
利根川CR右岸は、鬼怒川と合流するあたりで一度一般道に強制的に出されてしまうため、迂回して再びCRに戻ることにします。途中のファミマでちょっと休憩しつつ、まだ余裕があるからといってのんびり休憩しすぎない程度に息抜き。



利根運河の近くから再び利根川沿いに戻り、ひたすら進みます。
新利根大橋を越えた後も直進してまっすぐ川沿いに行きたいところですが、ここを直進してしまうと数km未舗装なので、一般道に降ります。この時に初めて来たんですが、痛い目を見たので…。



ちなみにこの時の反省があるにもかかわらず、ここで少し迷ってタイムロスしてしまいました。



田んぼの中のそれなりに車通りの多い道を直進し、国道6号とぶつかる地点で再び利根川の方へ向かいます。
ここから利根水郷ラインへ出て、大利根橋の下をくぐり、少しすると再び土手沿いに上がることが出来ます。



後ろから迫ってくるローディーも、すれ違うローディーもいない平和なCRをひたすら進みます。
ただ、お昼が近づくにつれて、だんだん風が強くなってくるのです。南東の風(向かい風)が…。




栄町消防署の近くにコンビニの看板を見つけたので休憩。
ここの店舗、今月いっぱいで閉店してしまうそうです。






ダラダラと休憩したい気持ちを抑えて再出発。
いよいよ成田市に突入です。空港があるせいか、飛行機がたくさん飛んでいるような気がします。





上流の方は斜張橋が多いような気がしますが(坂東大橋の印象が大きいだけかも)、下流の方はこんな感じの橋が多いような気がしました。
あとね、下流すごくのどかなのね!上流は賑わっててきれいで、下流は素朴な雰囲気で、ただいつも走ってるあたり(妻沼~野田あたり)が一番見た目が汚い利根川。






もうしばらく走って道の駅発酵の里こうざきに到着。
かなり広く、サイクルラックも3つほどありました。
しかもこの道の駅、ど真ん中にコンビニがあるため、24時間買い物が出来ます。道の駅って大体16~18時の間に閉まっちゃうところが多いから、到着が遅れるとトイレ休憩しかできないんですけど、これはありがたい。
しかもトイレが自動ドア付き。超きれい。数も多い。ツバメもいる。ここは楽しい。






まだ約1/3(100km)しか走ってないのにさっそくソフトクリーム。
いつも1日かけて走る距離を午前中のうちに走ったんだからちょっとくらい許してね!
ちなみに道の駅スタンプも回収しました。





そこから13km先には道の駅水の郷さわら。
ここの道の駅、CRから直結なんですよ。前の道の駅から10kmちょっとしか離れてないから、行きはパスして帰りに寄ればいいかなって思ってたんですけど、CRを進んでいると道の駅の駐輪場に誘導されます。こんなの寄るしかないじゃん!!
弱虫ペダルサイクルステーションコラボで、金城さんのパネルが置いてありました。





予定外の休憩をしてしまいましたが、道の駅さわらから銚子まで約40km。まだ先は長いです。




途中で転がって昼寝したくなるくらい綺麗な芝を見つけました。
遠くに利根大堰みたいなのが見えます。利根川大橋というみたいです。
利根川沿いは似たような名前の橋が多すぎて、なんかもうよくわかりません。
結構な頻度で通る国道4号の橋の名前もいまだにあやふやです。






海から15km地点で唐突に舗装が終わります。
直進しても未舗装、一般道の方に下っても未舗装。
ならばいつ舗装路になるか分からないCRより、確実に舗装された道に出る一般道の方へ行くぞ!
というわけで右側の道に下りて、砂利の上を走っていきます。





ちょっとした小道を抜けると、再び利根水郷ラインに出ることが出来ます。
あとはひたすらこの道を走り、銚子方面に向かうだけ。
ちなみに利根水郷ラインに出てからまた土手が見えたんですが、ずっと未舗装でした。
水郷ライン沿いに「海から○km」の看板が立っていました。




そしてついに…





海だ~~~~~!!!!
海無し県民は海を見るとテンションが上がるのだ~~~~~!!!!



道沿いにたくさん魚が落ちていてびっくりしました。
田舎は猫が轢かれてたりするけど、海沿いの町では魚が車に轢かれている…。



最初の元気なうちは、13時には到着するかな~なんて話していましたが、私が向かい風に負ける貧脚なばっかりに時間はもう14時近くなっていました。
とりあえずお腹も空いてへろへろなので、ご飯を食べられる場所を探しつつ、犬吠埼も探しました。





その2へ続く。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。